紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は旧Blog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

京都

タテカンに続く大学危機

京都大学:タテカン撤去の後に待っている自治の崩壊 2014年6月20日、参議院本会議において、「学校教育法及び国立大学法人法の一部を改正する法律案」が可決され、成立した。これは学長に独裁的な権力を与え、大学の自治と教育・研究の自由を奪うものと批判…

タテカンと教育する資格

京都大学:教育機関としての資格 ビッグゴリラの貼り紙も剥がされている時点で京大側の「地震による倒壊の危険があるため」なんて論理は通用しません。立て看板を撤去するために、景観の話と安全性の話を都合よく使い分けているだけです。京大側にあるのは、…

タテカンと大学未来の危機

京都大学:有機的対応 外部から見ていても、近日の京都大学の「感性としての鈍い動き」は危機の予兆ではないだろうか。 思考が停止しているのではないか・・ 仮定して考えてみよう。 無機的組織対応 京都市からの申し入れで 京都大学として、学内の「美化」…

タテカンと権力者

権力者 京都市長門川大作氏の(2018年5月9日)記者会見から (正式名 市長記者懇談会だって) * (京都大学立て看板の撤去について) 記者 京都大学の立て看板の撤去について,市長はどのようにお考えでしょうか。 市長 京都の景観を守り続けていくこ…

タテカン 倒れず

2018年6月18日の朝 地震でもタテカン倒れず。 京大立て看同好会(京看同) (@kutatekan) | Twitter より転載 // REMEMBER3.11

タテカンで溶ける

京都大学:溶ける頭脳 京都大学当局は相当混乱している。 充分検討もしないで、対症療法的に文章を発表しているのではないか。 下記6月13日の文章上部「(ポイント)」にある一文Aでは、 「京都市屋外広告物等に関する条例に基づく基準(大きさ、色の使…

タテカン一歩前進

表現の自由へ一歩 2018年6月13日に京都大学から立看板規定についてという見解が発表された。 少しタテカン設置の場所を考え直すという文章だ。 それにたいするまっとうな反論は学生側にまかせるとして、文章の一部、下記の文章に疑問を抱いた。 京都…

タテカンへの風圧

京都市の言い分:景観政策担当者 以下に都市景観部長発言の引用とそれに対する私の考えを 「京都市都市景観部長 山本一博氏(54)」 京都大の立て看板を巡って、市民の景観への関心が高まり議論が起こっているのは悪いことではない。市の政策とも関連する…

タテカンと強制された景観

様々な京都の景観 京都には地区それぞれの顔がある。 京都市の景観行政でも景観地区は以下となる。 名 称 面積(ha) 備考 山ろく型美観地区 約138 北白川・銀閣寺周辺 渋谷・馬町 今熊野・泉涌寺周辺 本町筋・稲荷山周辺 山並み背景型美観地区 約303 下鴨神社…

タテカンと大学、京都の自由

京都大学:学生の自由 京大のタテカンが屋外広告物に当たるかは、京都市の条例に定義されている。京都市の条例でいう「屋外広告物」は国の定める、屋外広告物法による以下の定義をそのまま採用している。 京都市屋外広告物等に関する条例による屋外広告物第2…

タテカン、技術、体育

結果としての教育 高等教育の意義を問われる事件が続いて起こる。 大学とはなにか? そもそもの大学としての存在意義自体を「建学の理念」等で、謳っているところが多い。ちょっと拝見 加計学園:詭弁を育むことが本学の目的ではない 当然最初に気に係るとこ…

タテカンと管理

「民主」京都大学のタテカン タテカン問題は京都の他大学においては存在しない、という見解は何も意味をなさない。 なぜなら、「京都大学におけるタテカン」問題なのだから。* 山極総長からのメッセージ京都大学というのは千年の都と呼ばれる京都にあって、…

タテカンと京都の景観

議論となった京都タワー 人工的な建造物だけでなにもない左右対称の景色 八木晃介花園大学名誉教授美術評論家の故・針生一郎和光大学教授が「ビラや落書きも都市の美観を構成する」と説明、パリの公共建造物の壁などには何世代にもわたるビラが貼られ、落書…

タテカンは抗わず漂流する

屋外広告物としての違反の根拠 京都市は「京都市屋外広告物等に関する条例」で市内各地域の屋外広告物の規制に乗り出した。この規制はもちろん京都市内全般に及ぶ。 そして今回京都大学のタテカンについて違反の根拠は、 京都市屋外広告物等に関する条例第 5…

タテカンから見える景色

京都大学のタテカンについて学ぶ 京都大学の「タテカン」撤去、が話題となり調べてみると、その構造が見えてきた。 昨年11月、京都市から大学に対し、立て看板が京都市条例で設置を制限する「屋外広告物」であること、歩行者に危険であるなどの指摘が近隣…

後の祭り

快晴の熱い中買物のついでに市内周遊。丁度後の祭りの山が立てられていた。まずはカンフォーラで食事 *連れ合いがフォークをコップに立て演出した。何のために? *橋弁慶山 「弁慶」と「義経」(画像は合成) 橋弁慶山には「義経」「弁慶」がこの橋に立つ …

京都 岡崎ループ

*岡崎ループバス かっての京都市電をイメージして作られたという。以下に詳しい すらいむのバス日記 2015年9月19日ダイヤ改正 京都の岡崎に岡崎ループというバスが走っている。京都市バスでも新しくできたルートで京都の文化・観光地区岡崎と周辺をめぐる。…

同志社彰栄館

夕陽の中 同志社彰栄館が奇麗だった。同志社のキャンパスは本当に美しく整備された。(下記少し輪郭・コントラスト比を強調をしたら) // REMEMBER3.11 不断の努力「民主主義を守れ」

2015年9月2日 鴨川 丸太町橋 畔

// REMEMBER3.11

五山保存会

小生の父親、終の棲家は京都銀閣寺からほど近いところでした。また、その墓は如意ケ岳「大の字」がよく見える山麓にあります。第三高等学校逍遥の歌でおなじみの「月こそかかれ吉田山」です。小さき頃8月16日は夜8時前になると、そそくさと「鱧」を頬張…

東北と京都

東北京の夜空照らしたかった 陸前高田市で被災松で迎え火 約50人の遺族らが迎え火を見守った。「お父さんは最高の父です。ありがとう」「前へ前へ行くぞ」「絆」――。燃やされた333本の薪の一本一本には、津波で亡くなった人への思いや、復興に向けての…

五山送り火騒動

やはり疑問が残る。被災木を護摩木にして燃やすということにそう抵抗はないと思うが、本当の抵抗は被災地から護摩木すなわち放射能被災した松を運んでくることにあったのではないか?しかし、検査した結果被災木から放射能値の検出はされなかった。すなわち…

雪で明けた新年-清水寺-

2011年テレビの生中継に魅入り融けないうちにと慌てて元旦に雪の清水寺撮影 // REMEMBER3.11 不断の努力「民主主義を守れ」