紙つぶて 細く永く

右の「読者になる」ボタンをクリックし読者なっていただくと記事更新時にお知らせが届きます。

}

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その15

150周年記念きっぷで東北完乗

今年10月14日で鉄道が新橋ー横浜間を走ってから150年。

その10月には記念の切符が販売されていた。

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」

「鉄道開業150年記念JR東日本パス」

いずれも連続する3日間有効。

そのきっぷを多数が利用したのだろう、JR東日本は年度末である2023年3月にファイナルと銘打って同様なきっぷを発売する。

NewsJR東日本からのお年玉
150年記念きっぷは10月と同じような条件で

「鉄道開業150年記念ファイナル JR東日本パス」


として下記内容で再度発売されます。
発売期間:2023年2月2日~2023年3月10日  
利用期間:2023年3月2日~2023年3月15日   
※最終利用開始日は2023年3月13日(2023年3月13日~3月15日の連続する3日間の利用)

自身でコースを組んでみて、新しい列車ダイヤの発見というゲーム感覚のような喜びがある。

まだ未踏ではあるが北部九州の網目のような路線を効率よく回るダイヤはあるのだろうか?

最適な解を見つけた時の喜びはひとしおであろう。

150周年記念きっぷ 首都圏の路線

その意味では首都圏の路線も同様だ。


しかし首都圏はすでに無意識にだが乗車した線路がある。残りは少ない。

大宮駅から近くにその路線の一つ(2路線)があった。

大宮駅から京浜東北線南浦和駅まで行くと武蔵野線と交差する。

武蔵野線府中本町駅から西船橋駅のうち新松戸駅から西船橋駅が未踏。

そして西船橋駅京葉線に接続京葉線は全線未踏破となっている。

このコースを南浦和駅から走る列車がある。

そこでこの日にその路線を回った。

新潟駅からの新幹線ときは大宮駅に15時35分着

14分後に京浜東北線の列車があった。京浜東北線南浦和駅

南浦和駅を16時5分に発車するとこの列車は東京駅まで走る。

大宮駅から東京駅
  新潟 14:14 1:21
0:14 大宮 15:35
15:49 0:12
0:04 南浦和 16:01
16:05 1:14
  東京 17:19

 

この乗車で踏破率は96.3%となった。

国鉄終焉時の路線で、廃線以外の路線合計)

ここまでの電子スタンプ

 ここまで集めた鉄道150周年記念電子スタンプ 

*駅名はページ末尾に記載

最終日には山手線でスタンプ集め。

 

駅スタンプは浦和駅南越谷駅・新橋駅・高輪ゲートウェイ駅・恵比須駅池袋駅・田端駅・上野駅御徒町駅秋葉原駅・神田駅・東京駅・信濃町駅・代々木駅・市ヶ谷駅

 

終り

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その14 に戻る

 

祝鉄道開業150周年2020-22年発表 3年間のJR各社の決算比較

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/greengreengrass/20220518/20220518111756.png

各社2020-22年発表決算
  • JR北海道 
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「510億円」58.3%:赤字「▲814億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「552億円」108.2%:赤字「▲763億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「225億円」:赤字「▲136億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「119億円」52.9%:赤字「▲258億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「132億円」110.9%:赤字「▲225億円
  • JR東海
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「5274億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲1819億9600万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「7113億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲76億7500万円
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1兆0906億円」55.3%:鉄道部門利益額「▲5146億6500万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1兆2547億円」48.5%:鉄道部門利益額「▲2537億8300万円
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「4807億円」51.6%:鉄道部門利益額「▲2476億3400万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「5513億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲1404億9600万円
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「897億円」54.3%:鉄道部門利益額「▲366億1000万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1029億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲220億4700万円
  • JR貨物
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1429億円」:鉄道部門利益額「85億500万円」
    JR貨物
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1502億円」105.1%:鉄道部門利益額「75億3400万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1513億円」100.7%:鉄道部門利益額「▲4億100万円
  • 2020年7社
    運輸収入合計 4兆7680億37百万円
  • 2021年7社
    運輸収入合計 2兆4147億65百万円 50.6%
    営業損益合計 ▲1兆805億72百万円
  • 2022年7社
    運輸収入合計 2兆8401億66百万円 117.6%
    営業損益合計 ▲5232億65百万円

QGIS電子地図操作 第23回 QGISレイヤのプロジェクト間移動

プロジェクト間レイヤの移動

QGISのレイヤが多くなりそのなかの一部を他のプロジェクトで使いたいというときにそのレイヤを簡単に移動できればありがたい。

Webで探した。

するとこのサイトが見つかった。

hanamigawa2015.blogspot.com

 

この記事では、

QGISのプロジェクトA・Bをそれぞれ別個の画面で開きモニター上に並べて表示させ、


Aプロジェクトのレイヤパネルのレイヤ上で右クリック、

「レイヤのコピー」クリックします。

その後、Bプロジェクトのレイヤパネルに移動して、

右クリック「レイヤ/グループの貼り付け」クリックすると、とあるが以下のように

「レイヤ/グループの貼り付け」が現れない。

私が現在使っているQGISバージョン3.18では使えなかった。

 

記事は2019年5月のものでその後QGISが進化したのだろう。

別途いろいろ方法を探したが不明。断念しかかった。

ダメもとで上記記事でドラッグ&ドロップが使えなかった、とあったがこれをやってみた。

うーん貼りつかない、と思った。

しかしよく見るとレイヤパネル一番下に貼りついていた。

プロジェクト間グループも移動できる

私の場合はグループを移したかったのでそれもやってみた。

上図のようにグループの場合は「グループをコピー」が現れる。

しかしこれを選択し別のプロジェクトレイヤパネルで右クリックしても貼り付けという言葉が出てこない。

しかし同様にドラッグ&ドロップを行うと一番下(このプロジェクトでは900程のレイヤがあった)にグループそのままスタイルもそのままでいらっしゃった。

(なんだろうね)

レイヤが多くなれば、特にグループ化したような場合はうんと便利な機能だと思う。

 

 

探索の流儀

REMEMBER3.11

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その14

150周年記念きっぷで東北完乗

2022年10月14日で鉄道が新橋ー横浜間を走ってから150年。

その10月には記念の切符が販売されていた。

JR東日本から「鉄道開業150年記念JR東日本パス」そして合わせてJR各社からは「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」が発売されていた。

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」は例年の秋の乗り放題きっぷと変わらないが、お得なのは鉄道開業150年記念JR東日本パスだ。

内容は以下

鉄道開業150年記念JR東日本パス

※このきっぷはすでに発売終了です

※ご利用開始日の1か月前から3日前まで発売

 

 

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」

「鉄道開業150年記念JR東日本パス」

いずれも連続する3日間有効となっている。

(上記はともに今はすでに販売終了となっています。)

 

NewsJR東日本からのお年玉
150年記念きっぷは10月と同じような条件で

「鉄道開業150年記念ファイナル JR東日本パス」


として下記内容で再度発売されます。
発売期間:2023年2月2日~2023年3月10日  
利用期間:2023年3月2日~2023年3月15日   
※最終利用開始日は2023年3月13日(2023年3月13日~3月15日の連続する3日間の利用)

150周年記念きっぷ 新幹線連続乗車

このきっぷ2種を連結し計6日間で東北完乗に出かけた。

鉄道開業150年記念JR東日本パスでは新幹線はもちろん第三セクター路線も乗車ができる。

この旅5日目今日は福島駅から新幹線を連続して乗る。「鉄道開業150年記念 JR東日本パス」は在来線新幹線ともに乗車可能。

そこで未乗車である新潟の弥彦線武蔵野線残り・京葉線にあわせて新幹線を乗り継ぐ行程にした。

 

六日目
福島駅から東北・北陸・上越新幹線京葉線経由東京駅

滞在
時間



06




39



13


05


21


14



04



東北新幹線 信越 弥彦・越後線 東北線
  北陸新幹線 弥彦線 上越新幹線 武蔵野・京葉線
150年記念JR東日本パス3日目
6時 47 やまびこ
204
7時 1h24
8時 11
  17 はくたか
553
9時   1h37 54
10時   33 特急
しらゆき
11時   1h24 57
12時   10 232
M
  34 44
  49 8271
M
13時   1h04 53
14時   14 とき
324
15時   1h21 35
  49 1507
B
16時   12 01
  05 1549
E
17時   1h14 19

滞在
時間



06




39



13


05


21


14



04

経路データ
区間
km
242.5 106.6 38.9 7.8
  251.6 17.4 303.6 64.2
所要
時間
1h24 1h24 1h04 12
  1h34 34 1h21 1h14
時速
km
173.2 76.1 36.5 39.0
  160.6 30.7 224.8 52.1
停車
駅数
6 7 16 5
  7 7 2 17
平均
駅間
距離
40.4 15.2 2.4 1.6
  35.9 2.5 151.8 3.8
駅間
時間
14’00” 12’00” 4’00” 2’24”
  13’25” 4’51” 40’30” 4’21”

本日の移動距離は1000kmを超える。

福島駅から大宮駅。

大宮駅は新幹線3本(東北・上越・北陸)そして在来線も乗り入れる大きな駅だ。

東北新幹線から北陸新幹線への標準乗り換え時間6分だが、今回の標準乗換時間は5分ということなので少し急いだ。

鉄道開業150年記念 JR東日本パスは指定席が4回まで利用できる。

前日までは1回しか使用していないので今日は残り3回を下記列車に決めた。

まず福島駅から大宮駅、大宮駅から上越妙高駅新潟駅から大宮駅で使用。

福島駅から大宮駅のやまびこは早朝出発だからかそう混雑することはなかったが、次の大宮駅発の北陸新幹線はくたかは指定席もほぼ満員結構な乗客だった。

はくたか上越妙高駅に着き下車。

150周年記念きっぷ リゾート雪月花

上越妙高駅でホームにいると、10時19分発のえちごトキめき鉄道のリゾート列車雪月花が入ってきた。

全席指定、料金2万円以上の豪華列車。

ホームで大勢の人がカメラを構えていた。

えちごトキめき鉄道同じコースの通常運賃は2450円なのでその差20000円以上

これが食事お土産その他もてなしの価格。

雪月花の上越妙高駅10時19分発の午前便というコースは以下になる。

リゾート列車「雪月花」

滞在
時間




13



21






13




えちごトキめき鉄道
妙高はねうまライン
10時   19
  35 16
  56
11時 16 20
29
12時 18 折り返し 11
  24
13時   52 16
経路データ
全線
km
37.7
走行
km
65.0
所要
時間
2h57
時速
km
22.03
停車
駅数
4

時速22km3時間弱ののんびりした運行で昼にコース食事が出る。

えちごトキめき鉄道路線に限られるのが少し寂しい。

150周年記念きっぷ 弥彦線

この列車を横目でみながら特急しらゆきを待つ。

しらゆきは10時33分発

前回しらゆきに乗車したときはあやうく柏崎と柿崎、降車駅をまちがえるところだった。

東北周遊瓢箪紀行2 柿崎と柏崎

その柏崎駅を過ぎ11時57分東三条駅に到着。

13分の待ち合わせで弥彦線232Mが発車する。

下記ダイヤ表を見ればわかるが弥彦線はなかなか乗り鉄には踏破しづらい路線だ。

今回はピンポイントで東三条駅12時10分発弥彦駅12時44分着、同49分発に合わせた。(下記表のゴチックダイヤ)

5分差で折り返せるダイヤは土日ダイヤしかない。これにあわせて福島駅を出発したようなものだ。

弥彦駅発着
  始発駅 到着 出発 終着 乗換
6時 吉田 36 41 吉田 5
7時 吉田 21 26 吉田 5
8時 吉田 14 20 吉田 6
9時 吉田 26      
10時 東三条 32 (5) 東三条 (39)
11時     49 東三条 17
12時 東三条 (44) (49) 新潟 5
13時 東三条 46      
14時          
15時 吉田 53 11 吉田 85
16時     10 吉田 17
17時 吉田 5 21 吉田 16
18時 吉田 15 21 吉田 6
吉田 54      
19時     34 吉田 40
20時 吉田 7 25 東三条 18
  ()は土休日のみ

232Mは34分で弥彦駅到着。

この付近は全線電化されている。

弥彦駅弥彦神社にあわせてだろうか和風の駅舎。

弥彦駅では土休日に5分まちで新潟駅直通の8271Mが出る。

弥彦駅新潟駅間はE129系車両だった

列車窓から遠くに弥彦神社鳥居が見えた

新潟駅へ行く列車は吉田駅で弥彦線から越後線に乗り入れる。

越後線には途中新潟大学駅があり今日も大勢の学生が乗り降りした。

新潟駅着は13時53分。次は新潟駅発14時14分の上越新幹線

150周年記念きっぷ 上越新幹線

ここまで昼食を食べる時間はなかった。

21分の間に駅そばで食事をした後上越新幹線乗車。

東京への帰途は、大宮駅で在来線に乗り換え南浦和駅から未乗であった京葉線を回る。

上越新幹線は大宮駅まで1時間21分。

電子スタンプに気をとられていた為か思ったよりはやく大宮駅に着いた。

(と思っていたが停車駅は長岡駅だけだった。そのため駅間時間も40分と長い)

ここまでの電子スタンプ

 ここまで集めた鉄道150周年記念電子スタンプ 

*駅名はページ末尾に記載

私のスマホが古くどうしてもSTATIONSTAMPへのアクセスが遅くなる。

停車駅といえども慌てているうちにスタンプに失敗することもままある。

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その15 へ進む

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その13 に戻る

 

駅スタンプは上田駅長野駅長岡駅弥彦駅新潟駅

 

祝鉄道開業150周年2020-22年発表 3年間のJR各社の決算比較

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/greengreengrass/20220518/20220518111756.png

各社2020-22年発表決算
  • JR北海道 
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「510億円」58.3%:赤字「▲814億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「552億円」108.2%:赤字「▲763億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「225億円」:赤字「▲136億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「119億円」52.9%:赤字「▲258億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「132億円」110.9%:赤字「▲225億円
  • JR東海
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「5274億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲1819億9600万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「7113億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲76億7500万円
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1兆0906億円」55.3%:鉄道部門利益額「▲5146億6500万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1兆2547億円」48.5%:鉄道部門利益額「▲2537億8300万円
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「4807億円」51.6%:鉄道部門利益額「▲2476億3400万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「5513億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲1404億9600万円
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「897億円」54.3%:鉄道部門利益額「▲366億1000万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1029億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲220億4700万円
  • JR貨物
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1429億円」:鉄道部門利益額「85億500万円」
    JR貨物
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1502億円」105.1%:鉄道部門利益額「75億3400万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1513億円」100.7%:鉄道部門利益額「▲4億100万円
  • 2020年7社
    運輸収入合計 4兆7680億37百万円
  • 2021年7社
    運輸収入合計 2兆4147億65百万円 50.6%
    営業損益合計 ▲1兆805億72百万円
  • 2022年7社
    運輸収入合計 2兆8401億66百万円 117.6%
    営業損益合計 ▲5232億65百万円

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その13

150周年記念きっぷで東北完乗

2022年10月14日で鉄道が新橋ー横浜間を走ってから150年。

10月には記念の切符が販売された。

JR東日本から「鉄道開業150年記念JR東日本パス」そして合わせてJR各社からは「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」が発売されていた。

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」は例年の秋の乗り放題きっぷと変わらないが、お得なのは鉄道開業150年記念JR東日本パスだ。

内容は以下

鉄道開業150年記念JR東日本パス

※このきっぷはすでに発売終了です

※ご利用開始日の1か月前から3日前まで発売

 

 

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」

「鉄道開業150年記念JR東日本パス」

いずれも連続する3日間有効となっている。

(ともに今はすでに販売終了となっています。)

150周年記念きっぷ 東北新幹線

このきっぷ2種を連結し計6日間で東北完乗に出かけた。

鉄道開業150年記念JR東日本パスでは新幹線はもちろん第三セクター路線も乗車ができる。

この旅4日目で、花輪線から好摩駅にてIRいわて銀河鉄道に乗り換え八戸駅に向かったので、好摩駅盛岡駅間が未乗になることに気が付いた。

そこで今日は東北新幹線いわて沼宮内駅で下車し再度IRいわて銀河鉄道盛岡駅を目指す。

五日目
いわて沼宮内駅から仙台・左沢駅経由福島駅

滞在
時間






54


09


38


06


06




いわて銀河鉄道路線   左沢線往復
  東北新幹線   山形新幹線
  仙山線
150年記念JR東日本パス2日目
12時 24 4526
M
35 59
13時   08 はやぶさ
18
14時   1h14 22
15時   00 829
M
16時   1h24 24
  30 341
D
17時   40 10
  346
D
16
  57 41
18時   04 やまびこ
156
19時   1h14 22

滞在
時間






54


09


38


06


06


経路データ
区間
km
32.0 60.9
  183.5 25.6
  87.1
所要
時間
35 1h24
  1h14 40
  1h14
時速
km
54.9 43.5
  148.8 38.4
  70.6
停車
駅数
8 19
  7 11
  4
平均
駅間
km
4.0 3.2
  26.2 2.3
  21.8
駅間
時間
4'23" 4'25"
  10'34" 3'37"
  18'30"

いわて沼宮内駅

いわて沼宮内駅にはやはり人影は少なく駅舎建物以外周辺に商店らしきものもなかった。

待合室で食事。

ここには駅ピアノが置いてあった。

駅ピアノ:2015年3月閉校した旧浮島小に保管されていたピアノが
2021年5月JRいわて沼宮内駅の駅ピアノとして設置された

IGRいわて銀河鉄道ホームに行くこ線橋で下を貨物列車が通過した。

盛岡駅からは東北新幹線で仙台駅へ。

150周年記念きっぷ 仙山線

仙台駅ホームで仙山線の列車を待つが大勢の乗客が待っていた。

ボックス席に座ると横に小さな男の子がきた。家族4人であったが赤子を抱いた母親と5歳くらいの男の子が座った。

その子がなにやら列車の話を始めた。

人懐っこいこの子も新幹線「こまち」を知っているという。鉄道についてなかなかの博学でその知識を存分に披露する。

手持ちの鉄道地図帳を見せ、これだけ乗車したよと説明すると母親がいたく感心してくれた。

そこで「ゆうしん」君を思い出した。

参照:冬:小樽-東北 2014年12月 Part5

この先には山寺という駅があるよなどと30分ほど話をしていたが、愛子駅で下車秋保温泉に宿泊するそうだ。

まだまだ鉄道に興味を持ってくれそうで頼もしい存在。

その山寺駅では大勢の人で写真を撮りに下車できなかった。

山形駅には16時24分到着。6分後に左沢駅行きが出る。

150周年記念きっぷ 左沢線

左沢線ではすっかり日が落ちてしまった。

左沢駅、「あてらざわ」と読む。難読駅

左沢駅には17時10分着、6分後に折り返しとなり再び山形を目指す。

ここまでの電子スタンプ

本日集めた鉄道150周年記念電子スタンプ 

*駅名はページ末尾に記載

山形駅に戻り山形新幹線やまびこ156号で福島駅に向かう。

youtu.be

山形駅福島駅間は地上路線でもありこの区間は新幹線といえども平均時速は70.6kmと出た。

(福島駅の新幹線ホームのご当地駅メロディーは福島市出身の小関裕而氏の「栄冠は君に輝く」)

続く

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その12 へ戻る

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その14 へ進む

 

駅スタンプは盛岡駅一ノ関駅山形駅

 

NewsJR東日本からのお年玉
150年記念きっぷは10月と同じような条件で

「鉄道開業150年記念ファイナル JR東日本パス」


として下記内容で再度発売されます。
発売期間:2023年2月2日~2023年3月10日  
利用期間:2023年3月2日~2023年3月15日   
※最終利用開始日は2023年3月13日(2023年3月13日~3月15日の連続する3日間の利用)

祝鉄道開業150周年2020-22年発表 3年間のJR各社の決算比較

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/greengreengrass/20220518/20220518111756.png

各社2020-22年発表決算
  • JR北海道 
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「510億円」58.3%:赤字「▲814億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「552億円」108.2%:赤字「▲763億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「225億円」:赤字「▲136億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「119億円」52.9%:赤字「▲258億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「132億円」110.9%:赤字「▲225億円
  • JR東海
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「5274億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲1819億9600万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「7113億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲76億7500万円
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1兆0906億円」55.3%:鉄道部門利益額「▲5146億6500万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1兆2547億円」48.5%:鉄道部門利益額「▲2537億8300万円
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「4807億円」51.6%:鉄道部門利益額「▲2476億3400万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「5513億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲1404億9600万円
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「897億円」54.3%:鉄道部門利益額「▲366億1000万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1029億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲220億4700万円
  • JR貨物
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1429億円」:鉄道部門利益額「85億500万円」
    JR貨物
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1502億円」105.1%:鉄道部門利益額「75億3400万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1513億円」100.7%:鉄道部門利益額「▲4億100万円
  • 2020年7社
    運輸収入合計 4兆7680億37百万円
  • 2021年7社
    運輸収入合計 2兆4147億65百万円 50.6%
    営業損益合計 ▲1兆805億72百万円
  • 2022年7社
    運輸収入合計 2兆8401億66百万円 117.6%
    営業損益合計 ▲5232億65百万円

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その12

150周年記念きっぷで東北完乗

2022年10月14日で鉄道が新橋ー横浜間を走ってから150年。

10月には記念の切符が販売された。

JR東日本から「鉄道開業150年記念JR東日本パス」そして合わせてJR各社からは「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」が発売されていた。

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」は例年の秋の乗り放題きっぷと変わらないが、お得なのは鉄道開業150年記念JR東日本パスだ。

内容は以下

鉄道開業150年記念JR東日本パス

※このきっぷはすでに発売終了です

※ご利用開始日の1か月前から3日前まで発売

 

 

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」

「鉄道開業150年記念JR東日本パス」

いずれも連続する3日間有効となっている。

(ともに今はすでに販売終了となっています。)

 

News 上記きっぷは同じような条件で鉄道開業150年記念ファイナルとして下記内容で再度発売されます。
発売期間:2023年2月2日~2023年3月10日  
利用期間:2023年3月2日~2023年3月15日   
※最終利用開始日は2023年3月13日(2023年3月13日~3月15日の連続する3日間の利用)

150周年記念きっぷ 津軽線その被害

このきっぷ2種を連結し計6日間で東北完乗に出かけた。

首都圏から常磐線北上線から奥羽線花輪線大湊線を通過し青い森鉄道青森駅そして蟹田駅まで来た。

行程を組んでみてどうしても蟹田駅付近で宿泊場所を探すことになった。

旅行代理店ではこの近くにはなかったのでGoogleMapで見つけた。

8月3 日の大雨により津軽線は線路設備に大きな被害が発生し、JR東日本としても現場調査や関係者等との協議を継続して行っているが、復旧の見通 しは立っていないとのこと。

しかも今後は雪の時期ともなり融雪水の等で、年度内の本格的な工 事着手は困難な状況。復旧は相当長期になりそうだ。

その宿には一見土木作業に従事するひとらしきグループも宿泊していた。

夜が明け朝7時7分に代行バス蟹田駅を出発した。

蟹田駅

奥津軽いまべつ駅

代行バスなので特別に奥津軽いまべつ駅に向かい停車。

代行バスから北海道新幹線に乗り換える人がいた。

津軽線の電子スタンプ

 津軽線で集めた鉄道150周年記念電子スタンプ 

*駅名はページ末尾に記載

(ここでこの奥津軽いまべつ駅スタンプをゲットしたと思ったが、実際は残っていなかった)

五日目
蟹田駅から三厩駅往復・青森駅経由盛岡駅

滞在
時間


08


08


03



42






54



津軽線往復   東北新幹線
津軽線   いわて銀河鉄道路線
  奥羽線
150年記念JR東日本パス2日目
7時 07 代行バス
8時 55 02
代行バス 10
9時 05 55
13 332M
  37 50
  53 648M
  04 57
10時   39 はやぶさ
18
11時   51 30
12時   24 229
D
  35 59

滞在
時間


08


08


03



42






54

経路データ
区間
km
28.8 3.9 32.0
27.0 147.3
所要
時間
55 04 35
37 51
時速
km
31.4 58.5 54.9
43.8 173.3
停車
駅数
7 1 8
10 4
平均
駅間
km
4.11 3.9 4.0
2.7 36.8
駅間
時間
7'51" 4'00" 4'22"
2'42" 12'45"

150周年記念きっぷ 三厩駅

代行バス三厩駅に到着

「本州最北端の駅」三厩駅

列車の来ないホーム


連絡バスで龍飛岬へ行く人も多い。

乗り鉄は時間の余裕がなかった。

そのまま代行バスで折り返し蟹田駅へ戻る。

蟹田駅を出たのが7時7分で帰ってきたのは9時5分。

れいによって慌ただしい行程だ。この代行バスはすぐ直前を先行する車が走っていた。

各駅に乗客が待っているかを確認し無線で連絡し合っていた。

駅までの通路が狭いところもあり、バスが停車しやすいところまで駅で待つ乗客を誘導することも見受けられた。

青森行きの332Mは蟹田駅を9時13分に出発し9時50分青森駅6番ホーム着

青森駅発の648Mは4番ホームから9時53分に発車する。その間3分。

少し速足になったが無事乗車。隣の新青森駅まで4分の乗車になる。

新青森駅では10時39分の新幹線まで42分待ち。青森駅の3分は何とかならんのかと思いながら、昨日の宿でもらったクーポンを利用して土産と昼食の弁当を買う。

12時付近にいるのはいわて沼宮内駅

下調べで、新幹線の駅と言えども周辺に商店はなさそうだったので駅構内で弁当とした。

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その13 に進む

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その11 に戻る

 

電子駅名スタンプは青森駅

 

祝鉄道開業150周年2020-22年発表 3年間のJR各社の決算比較

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/greengreengrass/20220518/20220518111756.png

各社2020-22年発表決算
  • JR北海道 
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「510億円」58.3%:赤字「▲814億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「552億円」108.2%:赤字「▲763億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「225億円」:赤字「▲136億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「119億円」52.9%:赤字「▲258億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「132億円」110.9%:赤字「▲225億円
  • JR東海
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「5274億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲1819億9600万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「7113億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲76億7500万円
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1兆0906億円」55.3%:鉄道部門利益額「▲5146億6500万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1兆2547億円」48.5%:鉄道部門利益額「▲2537億8300万円
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「4807億円」51.6%:鉄道部門利益額「▲2476億3400万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「5513億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲1404億9600万円
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「897億円」54.3%:鉄道部門利益額「▲366億1000万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1029億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲220億4700万円
  • JR貨物
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1429億円」:鉄道部門利益額「85億500万円」
    JR貨物
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1502億円」105.1%:鉄道部門利益額「75億3400万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1513億円」100.7%:鉄道部門利益額「▲4億100万円
  • 2020年7社
    運輸収入合計 4兆7680億37百万円
  • 2021年7社
    運輸収入合計 2兆4147億65百万円 50.6%
    営業損益合計 ▲1兆805億72百万円
  • 2022年7社
    運輸収入合計 2兆8401億66百万円 117.6%
    営業損益合計 ▲5232億65百万円

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その11

150周年記念きっぷで東北完乗

今年10月14日で鉄道が新橋ー横浜間を走ってから150年。

この10月には記念の切符が販売されていた。

JR東日本から「鉄道開業150年記念JR東日本パス」そして合わせてJR各社からは「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」が発売されていた。

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」は例年の秋の乗り放題きっぷと変わらないが、お得なのは鉄道開業150年記念JR東日本パスだ。

内容は以下

鉄道開業150年記念JR東日本パス

このきっぷはすでに発売終了です

※ご利用開始日の1か月前から3日前まで発売

 

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」

「鉄道開業150年記念JR東日本パス」

いずれも連続する3日間有効となっている。

(ともに今はすでに販売終了となっています。)

150周年記念きっぷ 八戸

このきっぷ2種を連結し計6日間で東北完乗に出かけた。

首都圏から常磐線北上線から奥羽線花輪線を通過し八戸まで来た。

八戸は二度目 参照 東北周遊瓢箪紀行4 - 八戸

八戸はホタテ貝やホタテの干物、いちご煮など美味が多い。

今回も干物等購入。同時に駅前で早い目の昼食を摂った。

四日目後半
好摩駅から八戸・大湊・青森経由蟹田駅

滞在
時間


24


1h
10



05


11


22




いわて銀河鉄道線
青い森鉄道線
  津軽線
  大湊線往復
  青い森鉄道線
150年記念JR東日本パス1日目
9時 36 4525
M
10時 1h
24
11時 00
12時   10 577
M
  45 55
13時   00 229
D
14時   1h
02
02
  234
D
13
15時   14 1h
01
  30 581
M
16時   50 20
  42 343
M
17時   37 19

滞在
時間


24


1h
10



05


11


22


経路データ
区間
km
86.6 58.4
  51.4   27.0
  44.6
所要
時間
1h24 1h02
  45   37
  50
時速
km
61.9 56.5
  68.5   43.8
  53.5
停車
駅数
16 10
  9   10
  11
平均
駅間
km
5.41 5.84
  5.71   2.7
  4.05
駅間
時間
5'15" 5'38"
  5'00"   3'42"
  4'32"

八戸駅からは青い森鉄道の577M

青い森鉄道路線は東北線時代に全線電化されているので電車。

150周年記念きっぷ 青い森鉄道

いよいよ野辺地駅から大湊線になる。

念願の大湊線、本州最北端の路線。

野辺地駅13時発の229Dは通常とは異なり2両編成。

しかし満員だった。14時02分大湊着。

乗り放題きっぷで人は北へ行くものだろうか。

案の定大湊駅でもほとんどの人が14時13分発の234Dで折り返した。

帰りの234Dで近くに家族連れが立っていた。バギーに幼子がいる。

満員で移動しようにも身動きできない状況。

しかしそんな中1時間陽気で元気な家族だった。

大湊駅から野辺地駅に戻り、青い森鉄道青森駅へ。

この列車581Mもほぼ満員。この10月は鉄道150周年記念きっぷで多数が出かけているのだろう。

青森駅16時42分発で蟹田駅まで到着は17時19分。すっかり暗くなった。

この列車も下校時の高校生が乗っていた。

プログラムオートなのでこの暗さではSS1.6 手ぶれしてしまった。

蟹田駅付近の民宿で明日に備える。

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その12 へ進む

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その10 へ戻る

 

祝鉄道開業150周年2020-22年発表 3年間のJR各社の決算比較

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/greengreengrass/20220518/20220518111756.png

各社2020-22年発表決算
  • JR北海道 
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「510億円」58.3%:赤字「▲814億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「552億円」108.2%:赤字「▲763億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「225億円」:赤字「▲136億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「119億円」52.9%:赤字「▲258億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「132億円」110.9%:赤字「▲225億円
  • JR東海
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「5274億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲1819億9600万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「7113億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲76億7500万円
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1兆0906億円」55.3%:鉄道部門利益額「▲5146億6500万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1兆2547億円」48.5%:鉄道部門利益額「▲2537億8300万円
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「4807億円」51.6%:鉄道部門利益額「▲2476億3400万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「5513億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲1404億9600万円
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「897億円」54.3%:鉄道部門利益額「▲366億1000万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1029億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲220億4700万円
  • JR貨物
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1429億円」:鉄道部門利益額「85億500万円」
    JR貨物
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1502億円」105.1%:鉄道部門利益額「75億3400万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1513億円」100.7%:鉄道部門利益額「▲4億100万円
  • 2020年7社
    運輸収入合計 4兆7680億37百万円
  • 2021年7社
    運輸収入合計 2兆4147億65百万円 50.6%
    営業損益合計 ▲1兆805億72百万円
  • 2022年7社
    運輸収入合計 2兆8401億66百万円 117.6%
    営業損益合計 ▲5232億65百万円

線路は続く47 JR東日本ホームページにデジタル時効表

線路は続く 目次

鉄道開業150周年 デジタル時刻表公開か?

2022年12月からJR東日本ホームページに「デジタル時刻表」なるものが表示された。以下その画像

路線に乗り入れている各方面ごとに分かれた案内となっている。

しかしその先は単なるPDFのようで、紙の時刻表を見るような感じだ。

鉄道開業150周年 今までのHTML時刻表

いままでも表示されていたがHTML時刻表だと以下のようなことが出来る。

例えば東京駅の時刻表で総武線快速市川・千葉方面休日用を選択すると以下が開く

HTML時刻表(上図)では列車を決めその時刻をクリックするとその経路となる駅名と時間が表示された。

上図の赤丸8時台の「11」をクリックすると下記のような経路が表示された。

例えば次の到着駅が「成田」とすると、路線明細(上図)の「成田」をクリックすると、成田駅の案内が開くという具合だ。

この機能がいまのところデジタル時刻表にはない。

使い勝手からいうといまのところHTML時刻表の勝というところか。

 

鉄道開業150周年 群を抜くJR東日本のHP

しかしJR各社のHPを利用して思うのは、郡を抜くJR東日本HPの利便性だ。

デザインセンスといいリンクシステムといいさすがという気がする。

 

線路は続く 目次

 

祝鉄道開業150周年2020-22年発表 3年間のJR各社の決算比較

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/greengreengrass/20220518/20220518111756.png

各社2020-22年発表決算
  • JR北海道 
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「510億円」58.3%:赤字「▲814億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「552億円」108.2%:赤字「▲763億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「225億円」:赤字「▲136億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「119億円」52.9%:赤字「▲258億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「132億円」110.9%:赤字「▲225億円
  • JR東海
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「5274億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲1819億9600万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「7113億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲76億7500万円
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1兆0906億円」55.3%:鉄道部門利益額「▲5146億6500万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1兆2547億円」48.5%:鉄道部門利益額「▲2537億8300万円
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「4807億円」51.6%:鉄道部門利益額「▲2476億3400万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「5513億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲1404億9600万円
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「897億円」54.3%:鉄道部門利益額「▲366億1000万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1029億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲220億4700万円
  • JR貨物
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1429億円」:鉄道部門利益額「85億500万円」
    JR貨物
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1502億円」105.1%:鉄道部門利益額「75億3400万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1513億円」100.7%:鉄道部門利益額「▲4億100万円
  • 2020年7社
    運輸収入合計 4兆7680億37百万円
  • 2021年7社
    運輸収入合計 2兆4147億65百万円 50.6%
    営業損益合計 ▲1兆805億72百万円
  • 2022年7社
    運輸収入合計 2兆8401億66百万円 117.6%
    営業損益合計 ▲5232億65百万円

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その10

150周年記念きっぷで東北完乗

今年10月14日で鉄道が新橋ー横浜間を走ってから150年。

この10月には記念の切符が販売されていた。

JR東日本から「鉄道開業150年記念JR東日本パス」そして合わせてJR各社からは「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」が発売されていた。

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」は例年の秋の乗り放題きっぷと変わらないが、お得なのは鉄道開業150年記念JR東日本パスだ。

内容は以下

鉄道開業150年記念JR東日本パス

このきっぷはすでに発売終了です

※ご利用開始日の1か月前から3日前まで発売

 

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」

「鉄道開業150年記念JR東日本パス」

いずれも連続する3日間有効となっている。

(ともに今はすでに販売終了となっています。)

このきっぷ2種を連結し計6日間で東北完乗に出かけた。

今回秋田駅から大館駅そして花輪線東北線

150周年記念きっぷ 台風・水害

2022年8月の台風による水害で東北地方の鉄道は多大な被害を受けた。

磐越西線米坂線奥羽線五能線花輪線津軽線の鉄道はその影響を受け一時不通となった。

2022年8月25日現在、磐越西線喜多方駅から山都駅間、米坂線今泉駅坂町駅間は複数の橋りょうに影響を受け、再開の見通しは立っていない状況。

奥羽線では東能代駅大館駅間が盛土の流出、五能線の岩館駅から鯵ヶ沢駅間や、花輪線鹿角花輪駅~大館駅津軽線蟹田駅三厩駅間でも路線が流され運転を見合わせ、代行バスを走らせる状況となっていた。

一旦は無理だと思ったが、それぞれ代行バスが走ると分かり踏破を目指して旅行を決めた。

旅行開始日が近づくと奥羽線東能代駅大館駅間が運行再開となり、踏破予定路線で代行バスとなるのは、花輪線大館駅から鹿角花輪駅間と津軽線蟹田駅から三厩駅間2経路となった。

大館駅から花輪線経由で好摩・大湊・蟹田駅

滞在
時間

鹿



11


24


1h
10



05


11


22




花輪線代行バス いわて銀河鉄道線
青い森鉄道線
  津軽線
  花輪線   大湊線往復
  青い森鉄道線
150年記念JR東日本パス1日目
6時 00 代行バス
7時 1h
22
22
  33 1926
D
8時   1h
39
9時   12
  36 4525
M
10時   1h
24
11時   00
12時   10 577
M
  45 55
13時   00 229
D
14時   1h
02
02
  234
D
13
15時   14 1h
01
  30 581
M
16時   50 20
  42 343
M
17時   37 19

滞在
時間

鹿



11


24


1h
10



05


11


22


経路データ
区間
km
40.9 86.6 58.4
  76.7 51.4   27.0
  44.6
所要
時間
1h22 1h24 1h02
  1h39 45   37
  50
時速
km
29.9 61.9 56.5
  46.5 68.5   43.8
  53.5
停車
駅数
10 16 10
  16 9   10
  11

平均
駅間
距離

4.09 5.41 5.84
  4.79 5.71   2.70
  4.05
駅間
時間
8'12" 5'15" 5'38"
  6'10" 5'00"   3'42"
  4'32"

150周年記念きっぷ 大館

3日目は秋田駅から大館駅に18時40分に着いた。

大館は夜の中だった。

ホテルは駅から歩いて5分ほど。

ここは旅行割が適用にならないプランだった。

もっとも、この時間について明日6時発の代行バス岩手県に向かうので、同一県でしか使えない旅行割のクーポンを受け取っても使う方法がない。

大館は秋田犬の町。

観光施設 秋田犬の里

これが秋田犬 「秋田犬の里」前で早朝に出会った。

鉄道開業150年記念 JR東日本パス・花輪線

昨日で秋の乗り放題きっぷが終り今日から鉄道開業150年記念JR東日本パスとなった。

この日は平日で6時発の代行バス。高校生が数人乗ってきた。

大館付近の高校

 

鉄道開業150年記念JR東日本パスは新幹線や特急を含む鉄道が乗車できる。

またこのエリアの第三セクター鉄道いわて銀河鉄道青い森鉄道も乗車可能である。

今日は大館駅から代行バス鹿角花輪駅から花輪線好摩駅へ。

鹿角花輪駅から1926D

花輪線周辺は丁度紅葉時期のようだ

荒屋新町駅で17分停車

奥羽線の電子スタンプ

東北・奥羽線で集めた鉄道150周年記念電子スタンプ 

*駅名はページ末尾に記載

見慣れた盛岡側ではなく反対から見る岩手山

好摩駅に9時12分着 ホームから岩手山が見えた

この好摩駅からの経路は悩んだ。

列車は盛岡駅まで行くので、盛岡駅から東北新幹線八戸駅へ行く選択もあった。

しかし八戸駅から先、野辺地駅から大湊駅へ行く列車は10時2分と13時00分、16時00分の3本が候補となる。

盛岡駅から東北新幹線で行くなら八戸駅着は10時25分、11時27分の2本。

好摩駅からいわて銀河鉄道で行っても八戸駅着は11時丁度。

そしていわて銀河鉄道路線(旧東北線乗りつぶしの対象路線だ)に乗車も考えると、好摩駅で乗り換えいわて銀河鉄道八戸駅というルートを選んだ。

第四日の行程

好摩からは4255M

好摩駅9時36分発はいわて銀河鉄道路線だったが車両は青い森鉄道車両の4255Mが走っている。

目時から線路は青い森鉄道路線に変わるが列車はそのまま走る。

11時八戸駅到着


続く

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その9 に戻る

 

電子駅名スタンプは二戸・八戸駅

 

祝鉄道開業150周年2020-22年発表 3年間のJR各社の決算比較

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/greengreengrass/20220518/20220518111756.png

各社2020-22年発表決算
  • JR北海道 
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「510億円」58.3%:赤字「▲814億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「552億円」108.2%:赤字「▲763億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「225億円」:赤字「▲136億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「119億円」52.9%:赤字「▲258億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「132億円」110.9%:赤字「▲225億円
  • JR東海
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「5274億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲1819億9600万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「7113億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲76億7500万円
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1兆0906億円」55.3%:鉄道部門利益額「▲5146億6500万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1兆2547億円」48.5%:鉄道部門利益額「▲2537億8300万円
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「4807億円」51.6%:鉄道部門利益額「▲2476億3400万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「5513億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲1404億9600万円
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「897億円」54.3%:鉄道部門利益額「▲366億1000万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1029億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲220億4700万円
  • JR貨物
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1429億円」:鉄道部門利益額「85億500万円」
    JR貨物
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1502億円」105.1%:鉄道部門利益額「75億3400万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1513億円」100.7%:鉄道部門利益額「▲4億100万円
  • 2020年7社
    運輸収入合計 4兆7680億37百万円
  • 2021年7社
    運輸収入合計 2兆4147億65百万円 50.6%
    営業損益合計 ▲1兆805億72百万円
  • 2022年7社
    運輸収入合計 2兆8401億66百万円 117.6%
    営業損益合計 ▲5232億65百万円

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その9

150周年記念きっぷで東北完乗

今年10月14日で鉄道が新橋ー横浜間を走ってから150年。

この10月には記念の切符が販売されていた。

JR東日本から「鉄道開業150年記念JR東日本パス」そして合わせてJR各社からは「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」が発売されていた。

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」は例年の秋の乗り放題きっぷと変わらないが、お得なのは鉄道開業150年記念JR東日本パスだ。

内容は以下

鉄道開業150年記念JR東日本パス

このきっぷはすでに発売終了です

※ご利用開始日の1か月前から3日前まで発売

 

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」

「鉄道開業150年記念JR東日本パス」

いずれも連続する3日間有効となっている。

(ともに今はすでに販売終了となっています。)

このきっぷ2種を連結し計6日間で東北完乗に出かけた。

150周年記念きっぷ 男鹿半島

秋田駅到着は12時4分昼食は駅そば

そして男鹿駅まで往復する。

昨年東北の豪雪で時間切れになった男鹿線だ。 東北未踏路線リベンジの旅

秋田駅から男鹿駅

男鹿線にはなまはげラインの愛称がつけられている

ここでもEV-E801系蓄電電車が走っている

編成はEV-E801系(赤色)とEV-E800系(青色)

2両編成のEV-E801形の車体色はなまはげの赤面(ジジナマハゲ)に因み赤色、EV-E800形の車体色はなまはげの青面(ババナマハゲ)を表現した青色となっている。

仙台駅から北上線経由で男鹿・秋田・大館駅

滞在
時間




11



29


29


32


42

鹿
59



主な
路線
東北線 奥羽線  
  北上線 男鹿線
  奥羽線
秋の乗り放題きっぷ3日目
6時 44 2521
M
7時 45 29
  40 541
M
8時   47 27
  56 1531
M
9時   38 34
10時   03 3729
D
11時   1h
12
15
  47 439
M
12時   1h
17
13時   04
  46 1135
M
14時   53 39
15時   1136
M
38
16時   38 1h
  50 675
M
17時   1h
50
18時     40

滞在
時間




11



29


29


32


42

鹿
59



経路データ
区間
km
43.2 42.4 70.4
  50.1 61.1 39.4
  70.4
所要
時間
45 38 1h17
  47 1h12 53
  1h32
時速
km
57.6 66.9 54.9
  64.0 50.9 44.6
  45.9
停車
駅数
11 8 11
  10 13 11
  22
駅間
平均
km
3.93 5.30 6.40
  5.01 4.70 3.58
  3.20
駅間
時間
4'05" 4'45" 7'00"
  4'42" 9'00" 4'48"
  4'10"

 

奥羽線の電子スタンプ

東北・奥羽線で集めた鉄道150周年記念電子スタンプ 

*駅名はページ末尾に記載

男鹿駅前は広い「男鹿アイランドパーク・ハブアゴー」というネーミング

150周年記念きっぷ 多くの鉄道は高校生が担う

男鹿駅から秋田駅にもどり16時50分発で大館駅に向かう。

この区間は8月の大雨で路盤が流出し列車は止まっていた。

しかしこの旅の計画中に秋田駅大館駅間が復旧し10月7日から代行バスでは無くなり乗り継ぎなしで大館駅まで行く。

大館駅までの列車は高校生が大勢いた。その中秋田駅から乗車した制服姿の高校生は16時50分発車から18時40分の大館駅着まで1時間50分乗っていた。

遠距離通学かもしれない。

陽も暮れたあと秋田犬のまち大館に着いた。

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その10 に進む

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その8 へ戻る

 

駅名スタンプ 北上駅 男鹿駅 秋田駅 秋田新幹線こまち

 

祝鉄道開業150周年2020-22年発表 3年間のJR各社の決算比較

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/greengreengrass/20220518/20220518111756.png

各社2020-22年発表決算
  • JR北海道 
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「510億円」58.3%:赤字「▲814億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「552億円」108.2%:赤字「▲763億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「225億円」:赤字「▲136億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「119億円」52.9%:赤字「▲258億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「132億円」110.9%:赤字「▲225億円
  • JR東海
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「5274億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲1819億9600万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「7113億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲76億7500万円
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1兆0906億円」55.3%:鉄道部門利益額「▲5146億6500万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1兆2547億円」48.5%:鉄道部門利益額「▲2537億8300万円
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「4807億円」51.6%:鉄道部門利益額「▲2476億3400万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「5513億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲1404億9600万円
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「897億円」54.3%:鉄道部門利益額「▲366億1000万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1029億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲220億4700万円
  • JR貨物
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1429億円」:鉄道部門利益額「85億500万円」
    JR貨物
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1502億円」105.1%:鉄道部門利益額「75億3400万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1513億円」100.7%:鉄道部門利益額「▲4億100万円
  • 2020年7社
    運輸収入合計 4兆7680億37百万円
  • 2021年7社
    運輸収入合計 2兆4147億65百万円 50.6%
    営業損益合計 ▲1兆805億72百万円
  • 2022年7社
    運輸収入合計 2兆8401億66百万円 117.6%
    営業損益合計 ▲5232億65百万円

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その8

150周年記念きっぷで東北完乗

今年10月14日で鉄道が新橋ー横浜間を走ってから150年。

この10月には記念の切符が販売されていた。

JR東日本から「鉄道開業150年記念JR東日本パス」そして合わせてJR各社からは「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」が発売されていた。

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」は例年の秋の乗り放題きっぷと変わらないが、お得なのは鉄道開業150年記念JR東日本パスだ。

内容は以下

鉄道開業150年記念JR東日本パス

このきっぷはすでに発売終了です

※ご利用開始日の1か月前から3日前まで発売

 

「鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷ」

「鉄道開業150年記念JR東日本パス」

いずれも連続する3日間有効となっている。

(ともに今はすでに販売終了となっています。)

このきっぷ2種を連結し計6日間で東北完乗に出かけた。

前回で仙台駅まで来た。

いよいよ3日目

150周年記念きっぷ 一ノ関から北上

この3日目までは鉄道開業150年記念 秋の乗り放題きっぷを使っている。

このきっぷでは普通列車しか乗れない。

時間を考慮して仙台駅から北上駅まで別途新幹線というルートもあるが新幹線仙台駅下りの始発は6時40分。

これで行くと北上駅7時29分着となる。

そして北上駅発横手駅行は午前には

6時10分 7時38分 10時3分(快速)の3本。

仙台駅からだと6時10分は無理として、次の2本となるが本日は明日乗車の花輪線大館駅まで行く予定。

花輪線は現在災害のため運休で2023年4月~5月頃の運転再開まで代行バスとなっている。そのため大館駅で利用できる代行バス大館駅朝6時発の予定。

したがって大館駅には本日中に着けばよいので、仙台駅からは普通を乗り継ぎ10時3分北上駅発の快速にした。

仙台駅から北上線経由で男鹿・秋田駅

滞在
時間




11



29


29


32


42

鹿
59



主な
路線
東北線 奥羽線  
  北上線 男鹿線
  奥羽線
秋の乗り放題きっぷ3日目
6時 44 2521
M
7時 45 29
  40 541
M
8時   47 27
  56 1531
M
9時   38 34
10時   03 3729
D
11時   1h
12
15
  47 439
M
12時   1h
17
13時   04
  46 1135
M
14時   53 39
15時   1136
M
38
16時   38 1h
  50 675
M
17時   1h
50
18時     40

滞在
時間




11



29


29


32


42

鹿
59



経路データ
区間
km
43.2 42.4 70.4
  50.1 61.1 39.4
  70.4
所要
時間
45 38 1h17
  47 1h12 53
  1h32
時速
km
57.6 66.9 54.9
  64.0 50.9 44.6
  45.9
停車
駅数
11 8 11
  10 13 11
  22
駅間
平均
km
3.93 5.30 6.40
  5.01 4.70 3.58
  3.20
駅間
時間
4'05" 4'45" 7'00"
  4'42" 9'00" 4'48"
  4'10"

東北線瀬峰駅付近 長い直線だった

前回折り返した一ノ関駅は無事通り過ぎた。

北上駅からの3729D 快速

北上駅からはこの3729D。

このワンマンカーは満員だったが、ほっとゆだ駅で結構な人が降りた。

快速といっても一駅(小松川駅)を飛ばすだけ。時間も普通とほとんど変わらなかった。

横手駅 なにか変なアングルでスンマセン

横手駅は奥羽線の要衝らしく駅舎も立派だった。

150周年記念きっぷ なんとも特異な秋田新幹線

横手駅を出発し30分も走ると大曲駅に到着。

ここからは秋田新幹線が並走する。

新幹線にはめったに乗らないので改めて気が付いたが秋田新幹線大曲駅スイッチバックをする。めずらしい「新幹線」だ。

大曲駅付近GoogleEarthで作成

秋田駅を出る盛岡行き秋田新幹線は座席が後ろ向きになっている。逆走する。

時刻表を見ると大曲駅では最短2分の停車時間となっている。

大曲駅で座席シートの回転をする余裕がないためだ。

またこの区間秋田新幹線が在来線と並走するので大曲駅から秋田駅間の奥羽線は単線並列になっている。

つまり単線の奥羽線秋田新幹線の線路が設置されている。

大曲駅秋田駅間は約50kmあるので、途中峰吉川駅と神宮寺駅間は秋田新幹線の列車を離合させるため、奥羽線側に新幹線を走らせている。

つまり狭軌奥羽線標準軌の新幹線を走らせるためこの間は三線軌条となっている。

 

日本では珍しい三線軌

150周年記念きっぷ 三線軌条・秋田新幹線奥羽線

疑問が湧いた。

三線軌条では車両の中心がずれるので駅ホームとの間はどうなっているのだろう?

調べると三線軌区間内では新幹線こまちは駅に停まらないので、駅ホームは在来線のみを考えればよい。

奥羽線を走るこまちは、車体寸法を在来線の車両限界および建築限界に合わせたミニ新幹線、つまり車両在来線車両と同じ断面積(幅2945mm)となっている。

そして三線軌条で在来線列車が停まる駅は通常通り共用レール側にホームがある。

在来線車両は車輪と車体端の間は939mm、同じくこまちは755mm。

結局差引184mmだけこまちはホームから離れる。

鉄道ジャーナル「新幹線大集合」より編集


また下図のようにこまちの車体では東北新幹線区間の駅では240mm間が空く。

そのためこまちには駅の乗降用に折りたたみステップが用意されている。

秋田駅12時4分着。42分待ち合わせなので駅そばで昼食。

秋田駅構内 羽越線車両

窓の外にキヤ195系が停まっていた。レール交換用の車両らしい。

https://www.jreast.co.jp/press/2017/20170902.pdf

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その9 へ進む

 

鉄道開業150周年 東北完乗の旅 その7 付録:仙台おすすめ鮨 に戻る

 

祝鉄道開業150周年2020-22年発表 3年間のJR各社の決算比較

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/greengreengrass/20220518/20220518111756.png

各社2020-22年発表決算
  • JR北海道 
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「510億円」58.3%:赤字「▲814億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「552億円」108.2%:赤字「▲763億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「225億円」:赤字「▲136億円
    2021年3月発表決算
    運輸収入「119億円」52.9%:赤字「▲258億円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「132億円」110.9%:赤字「▲225億円
  • JR東海
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「5274億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲1819億9600万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「7113億円」37.1%:鉄道部門利益額「▲76億7500万円
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1兆0906億円」55.3%:鉄道部門利益額「▲5146億6500万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1兆2547億円」48.5%:鉄道部門利益額「▲2537億8300万円
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「4807億円」51.6%:鉄道部門利益額「▲2476億3400万円
    2022年3月発表決算
    運輸収入「5513億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲1404億9600万円
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」
    2021年3月発表決算
    運輸収入「897億円」54.3%:鉄道部門利益額「▲366億1000万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1029億円」114.7%:鉄道部門利益額「▲220億4700万円
  • JR貨物
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1429億円」:鉄道部門利益額「85億500万円」
    JR貨物
    2021年3月発表決算
    運輸収入「1502億円」105.1%:鉄道部門利益額「75億3400万円」
    2022年3月発表決算
    運輸収入「1513億円」100.7%:鉄道部門利益額「▲4億100万円
  • 2020年7社
    運輸収入合計 4兆7680億37百万円
  • 2021年7社
    運輸収入合計 2兆4147億65百万円 50.6%
    営業損益合計 ▲1兆805億72百万円
  • 2022年7社
    運輸収入合計 2兆8401億66百万円 117.6%
    営業損益合計 ▲5232億65百万円