紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

歴史

明治期の列車で使われていたお茶の器出土

汽車土瓶 先日みつかった品川の鉄道築堤「高輪築堤」の遺構から明治期のお茶の器その他がみつかった。 形は土瓶そのまま。近年の容器(下図)とは若干異なる。 * またこの遺構からは線路下を通る船の水路なども見つかっている。 線路下水路 なおこの遺跡に…

1872(明治5)年 品川の鉄道築堤再出土

新橋-横浜鉄道遺産 JR高輪ゲートウェイ駅の再開発にともなって昨年品川の鉄道築堤が出土した。 その明治初期の鉄道遺構「高輪築堤ちくてい跡」を保存するか否かで、産業遺産学会や日本考古学協会、日本歴史学協会などが歴史的価値を重視しJR東日本に全面…

あれから75年の夏

姨捨 姨捨駅近くに棚田がある。 長く日本人の主食となった米を作り、平地を耕し、田を求めて稲田を丘に求め棚田になった。 4度目、その姥捨駅を訪問。近くにある棚田に行った。 暑い夏しかも快晴の下、松本から列車で9時29分着、周辺を歩き10時19分…

権力と会津藩

悲劇の会津 数年前福島を訪れたときの若松郊外東山温泉での話。 湯につかっていると隣の人から声をかけられた。 東山温泉の話から、この地には芸妓さんがいるという話になり、京都祇園にも負けない芸妓と尾ひれがひろがった。 どうやら会津地方の人らしい。…

歴史に対峙して

先人の生活が保存され時を経て歴史となる。時を経る中で淘汰されやがて価値ある貴重なものが残る。この時を経るという事実が重要なのであり、またそれがまさしく価値ある遺産ならば破壊はすなわち歴史を否定することである。*鴨沂高等学校の旧校舎(GoogleM…