紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

再訪問 青春18きっぷ旅 冬:小樽-東北 2014年12月 Part3

外出が憚れる今、過去の旅を見つめ直すとどうなるだろうか・・

今回は2014年12月の「青春18きっぷ」の4泊5日間の旅を再記事に。

その3回目 舞鶴から新日本海フェリーで小樽へ、そして北海道は旅の途中で寄っただけ、なのでやはりまっすぐ東北訪問。

表中の赤字は乗車時間。合わせて駅間の距離と平均運行速度、駅数を掲載した。

【凡例】

駅名
区間
距離
駅間の営業キロ
時速 駅間の運行時速
駅数 区間の駅数
駅間 駅間の運行時間分
6時 出発 列車番号
所要時間 到着

検証 小樽から長万部

f:id:greengreengrass:20200524084457j:plain

f:id:greengreengrass:20200524140430j:plain

翌12月29日早朝、「クリスマスおもちゃ」のような小樽

f:id:greengreengrass:20200524144750j:plain

朝食はベイエリアを見渡すテラスで。

最近日本のどこに行っても感じることであるが、中国語と韓国語それに少しだが東南アジアと思われる言語が響いている。美しい朝食だった。

小樽築港駅までは5分ほど。

小樽駅からはいわゆる山線で函館に向かう。

小樽から札幌経由、東室蘭から長万部(千歳線・室蘭線)は東室蘭まではともかく以降は列車の接続が悪いので遅くなる。

東室蘭から長万部間の普通列車接続は2014年当時で東室蘭駅発6時50分・7時18分・10時09分・13時53分・16時14分・17時39分・18時58分の7本となっている。

現在はさらに本数が減り以下の4本となる。

f:id:greengreengrass:20200525084011p:plain

2019年の時刻表を調べていて小樽ー倶知安ー長万部も普通列車では接続が悪くなっていた。

小樽8時05分発1930Dは倶知安止まりとなっている。

繋がるのは10時53分発の1936Dになるようだ。

f:id:greengreengrass:20200525101548j:plain

f:id:greengreengrass:20200525104557p:plain













路線
列車
番号
函館
本線
函館本線2932D
区間
距離
3.7 140.2
時速 37.0 43.8
停車
駅数
2 18
駅間
3'00 10'40
7時 55 126
M
8時 06 01 07  
  32 2932D
  55  
9時   28  
10時   16  
  58  
11時   19

今日は29日。まだ通勤する人が多いのか、小樽築港駅から小樽駅への列車はほぼ満席だった。
3枚ドアにはそれぞれ寒風が入らないように内側に仕切扉=デッキがついている。
小樽駅で長万部行に乗り換え。この列車は超満員で、スキーを担いだ人も多く通路まで溢れていた。
多くの人が朝のドラマで話題の余市への観光客かと思っていたが余市でも混雑は変わらず。

f:id:greengreengrass:20200524173349j:plain

f:id:greengreengrass:20200524174638j:plain

俱知安でやっと席を確保できた。

f:id:greengreengrass:20200524174807j:plain

俱知安からはひとに云わすと富士山よりも姿が美しいという羊蹄山が見えたが、残念ながら山頂に雲がかかっていた。

f:id:greengreengrass:20200524175201j:plain

f:id:greengreengrass:20200525080755j:plain

映画寅さんに出てきた蘭越駅
f:id:greengreengrass:20200525080654j:plain

f:id:greengreengrass:20200525080723j:plain

f:id:greengreengrass:20200525084351j:plain

2017年3月に廃止となった蕨岱駅

f:id:greengreengrass:20200525084751j:plain

11時19分長万部駅到着。出発13時28分まで2時間9分となる。

昼食。

f:id:greengreengrass:20200525085514j:plain

駅前にあった「かなや食堂」で昼食。

f:id:greengreengrass:20200525090045j:plain

長万部駅到着時に駅で出会った「まんべくん」が食堂にも現れた。

再訪問 冬:小樽-東北 2014年12月 Part4 に進む

再訪問 冬:小樽-東北 2014年12月 Part2 へ戻る

 

 

2020年JR各社の決算より
  • JR北海道
    2020年3月決算赤字「▲521億円」
  • JR四国(2020年未発表)
    2019年3月決算赤字「▲128億6400万円」
  • JR東海
    2019年3月決算リニア新幹線関連投資予算額3100億円)
    2020年3月決算鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    (2020年3月決算リニア新幹線関連投資額未掲載)
  • JR東日本
    2020年3月決算鉄道部門利益額「2540億9500万円」
  • JR西日本
    2020年3月決算鉄道部門利益額「1054億1200万円」
  • JR九州
    2020年3月決算鉄道部門利益額「200億8900万円」

REMEMBER3.11