紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

再訪問 青春18きっぷ旅 冬:小樽-東北 2014年12月 Part1

外出が憚れる今、過去の旅を見つめ直すとどうなるだろうか・・

今回は2014年12月の「青春18きっぷ」の4泊5日間の旅を再記事に。

その1回目 舞鶴から新日本海フェリーで小樽へ。そしてやはり東北訪問。

検証 新日本海フェリー

f:id:greengreengrass:20200520093425p:plain

2014年12月になぜか雪を見たいと津軽を目指した。

津軽の雪とくれば津軽鉄道ストーブ列車だ。

ストーブ列車のダイヤに合わせて計画をする。

年末の休暇を利用するので日程は12月27日(土)から4、5日以上は可能。

しかしJRそれも青春18きっぷで考えると、京都から津軽までにどうしても2泊は必要になる。

そこで舞鶴からのフェリー利用を考えた。

f:id:greengreengrass:20200520104341p:plain

2020年夏の新日本海フェリー料金表

新日本海フェリーには期間料金があり、繁忙期以外だと料金が大幅に割引となる。

上記は2020年の夏の料金表だが、8月のお盆時期を避けると料金は安くなる。

たしか12月も北海道のオフシーズンとあって料金はC、それも当時はツーリストAで9570円/人だった。

これで宿泊一人一ベッド、大風呂・各種イベント・映画鑑賞も無料となっている。

フェリーの船中泊で一泊を短縮できる。 その予定を組んでみる。

フェリーは毎日0時30分に舞鶴を出る。小樽着は同じ日の夜20時45分、運行時間は20時間15分となっている。

当時の時刻表 現在は変わっているようだ

夜京都を出発し、駅からフェリーターミナルまでは歩き。

船中泊ののち夕食は船で済ませ、小樽ではホテルに泊まるだけの設定を組んだ。

翌日の行程は小樽から青森五所川原まで行けそうだ。

小樽発は8時7分。五所川原着は21時57分。

この日も宿に泊まるだけになりそうだ。宿も空いている。

そして翌日9時21分発の津軽鉄道151列車が「津軽中里」往復で五所川原11時12分着。 とここまで計画して、時刻表で気が付いた。

津軽鉄道151列車には☆マークがついている。

よく読むとこのマークの列車は、12月31日から3月31日までが「ストーブ列車」としての運行。なので乗車を予定した29日はストーブ列車ではなかった。

当初の日程27日深夜出発の予定を28日深夜出発に変更し、宿の手配をした。 しかし残念ながら30日からは年末で混みあうのかどこも宿が取れず。計画は宙に浮いた。

半分仕方なく「ストーブ列車」は諦めた。

その結果下記の行程に

 舞鶴から28日出発フェリーで小樽へ 29日小樽宿泊からJRで函館経由、青森へ 30日青森宿泊から2回目乗車となる「リゾート白神」で五能線経由秋田へ さらに大曲から田沢湖へ 田沢湖宿泊、31日の予定は秋田新幹線で東京へ出るもよし、あえて決めなかった。

f:id:greengreengrass:20200521072321j:plain

気になる点は、冬の日本海だ。吹き荒れる日本海で揺れるフェリーを思い浮かべ、酔い止めの用意を忘れないことをまず第一に考えた。

f:id:greengreengrass:20200521072720j:plain

再訪問 冬:小樽-東北 2014年12月 Part2 に進む

 

 

2020年JR各社の決算より
  • JR北海道
    2020年3月決算赤字「▲521億円」
  • JR四国(2020年未発表)
    2019年3月決算赤字「▲128億6400万円」
  • JR東海
    2019年3月決算リニア新幹線関連投資予算額3100億円)
    2020年3月決算鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    (2020年3月決算リニア新幹線関連投資額未掲載)
  • JR東日本
    2020年3月決算鉄道部門利益額「2540億9500万円」
  • JR西日本
    2020年3月決算鉄道部門利益額「1054億1200万円」
  • JR九州
    2020年3月決算鉄道部門利益額「200億8900万円」

REMEMBER3.11