紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

盲腸線にこだわって四国鳴門線・牟岐線乗車 一日目part1

前回下灘に行き魅力あふれる四国を踏破したくなった。

今回は2月、青春18きっぷ期間以外の休みになったので、単線踏破、各駅停車で牟岐線を考えた。

牟岐線目指して

ざっと時刻表で組んで見ると以下になった。

まずこれでもいいスケジュールになったと思った。

運賃7740円








路線 JR西日本
東海道線
赤穂線
瀬戸大橋線
高徳線
牟岐線
時間
7時 27 847M
8時 2h
15
9時 42 
10時   01 1911
M
11時   1h
32
33 42 3127
M
12時   53 35 53 4333
D
13時   33
14時  
15時   15
  30 561
D
16時   2h
24
17時   54

しかしよく見つめ直すと、高松ー徳島ー海部と牟岐線は踏破できるが、鳴門線が残る。

どこかで新幹線を挟めば、高松から徳島そして鳴門線往復ができるのではないか、と考えた。

なかでも出来るだけ短い新幹線と考え、どうやら姫路ー岡山がいいのではと想定した。
姫路ー岡山は新幹線特急券が自由席で1760円になる。京都ー岡山までの運賃3740円と合わせて5500円。

往復では合計11000円となる。

そして次にJR西日本のお得きっぷを探すと、「せとうち岡山香川フリーキップ」というものがあった。13000円3日間有効 もちろんフリーなので往復が可能。

せとうち岡山・香川フリーきっぷ

四国の琴平や屋島までカバーしている。片道では6500円となる。

 この切符では、新大阪から岡山の山陽新幹線が往復利用できる。

今回は一泊二日なので、山陽新幹線がフルに利用可能となると、鳴門線牟岐線どころか再びの高知まで視野に入りそうだ。

1000円プラスで新大阪から新幹線に乗車ができる。これに決定。

 

四国満喫切符

f:id:greengreengrass:20200226181356p:plain

お得きっぷついでにJR四国で探すと、駅レンタカー八幡浜営業所がオープンすることを記念した、「四国満喫きっぷ」があった。(現在販売していない)

四国満喫きっぷJR四国線全線(宇多津~児島間を含む)及び土佐くろしお鉄道線全線の、特急列車及び普通列車の普通車自由席が乗り降り自由で、阿佐海岸鉄道線全線と、JR四国バスのうち路線バス《大栃線(土佐山田~アンパンマンミュージアム前~大栃間)、久万高原線(松山~砥部~久万高原間)》にご乗車になれます

価格は一人13,000円。

四国満喫きっぷ 注意:この切符販売は終了しています

ただしこの切符はWebサイト「JR四国ツアー」のみで6日前までの発売で、しかも郵送料無料とのことだった。

6日の間に書留で送ってくれるようだ。期間を確保するために予定を1日ずらした。

f:id:greengreengrass:20200226110449j:plain

この2枚の切符で行きには児島から高松まで重複するエリアがでる。ここでの乗車券提示はどうなるか・・

そこで改めて宿を宍喰近くにとり往復新幹線を入れた宍喰までの時刻表が以下。

せとうち岡山香川フリーキップ・冬の四国満喫きっぷ










路線 JR西日本
東海道線
山陽新幹線
瀬戸大橋
高徳
鳴門線 高徳
牟岐線 阿佐海
岸鉄道
時間
7時 06 723T
39 45 53 みずほ
603
8時   2h
15
37
9時   05 マリン
ライナー
13号
  53 58
10時   10 うず
しお
9号
11時   1h
05
15
  18 30 48 4960D
12時   20 03 折返4965D 17
13時   16 07 4329D 23
  30 4551
D
14時   2h
08
15時   38 53 5545
D
16時   07 00

二日目宍喰から岡山までの行程

せとうち岡山香川フリーキップ・冬の四国満喫きっぷ











路線 阿佐海
岸鉄道
牟岐線 徳島線 土讃
瀬戸大橋
山陽
新幹線
東海道
時間
8時 01 08
  12 4542
D
9時  
10時   41
11時  
12時   01 剣山
5号
13時   16
  32 南風
9号
14時   1h
10
  42
15時  
16時  
17時   13 南風
24号
18時   2h
28
19時   41 53 のぞみ
60号
20時  

45

38 43 826
T
22時   22

高知で食べ損ねた皿鉢料理を食べようと。

事前に土佐料理司本店にたずねると、予定する月曜日が仕込みの時間で夕方5時以降のオープン。

しかた無く高知龍馬空港にある司空港店を利用することにした。

いざ出発

盲腸線にこだわって四国鳴門線・牟岐線乗車 一日目part2 へ進む

 

2017/18/19年JRの決算より
  • JR北海道
    2017年3月決算赤字「▲525億7600万円」
    2018年3月決算赤字「▲559億8200万円」
    2019年3月決算赤字「▲520億円」
  • JR四国
    2017年3月決算赤字「▲119億0900万円」
    2018年3月決算赤字「▲123億3300万円」
    2019年3月決算赤字「▲128億6400万円」
  • JR東海
    2017年3月決算利益額「5870億円」
    2018年3月決算利益額「6127億8400万円」
    (2018年3月決算リニア新幹線関連投資額2500億円)
    2019年3月決算利益額「7097億7500万円」
    (2019年3月決算リニア新幹線関連投資額3100億円)

REMEMBER3.11