紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

長い未踏路線が少なくなってきたので、単線踏破を目ざして その2

年末青春18きっぷの時期に休むことが恒例になった。

2019年12月年末は、未踏破線の七尾線大糸線飯山線を踏破に行った。

その2回目

第三セクター路線

第三セクターの路線は特例を除き青春18きっぷは使えない、ことになっている。

そしてその特例は青春18きっぷ購入時のご案内に記載されている。

しかしのと鉄道七尾駅和倉温泉駅間では青春18きっぷが使用可能だったように、この案内スペースでは記載しきれないルールも存在するのではないか。

このテーマは別途調査中です。

ここではIRいしかわ鉄道の津幡駅からあいの風とやま鉄道富山駅へ向かう。

ここでは孤立路線への最短ルートではないので別途運賃が必要。

区間運賃は富山駅まで1100円(IRいしかわ鉄道230円、あいの風とやま鉄道870円)

f:id:greengreengrass:20200109141932p:plain

凡例
7時

発車時間

13(分)

列車名
8時

乗車時間

1h
37

(到着時間)

50(分)

 







17時 13 (18) (19) 457M
45 58

富山では定番大浴場から立山連峰が望める、マンテンホテル

f:id:greengreengrass:20200109153739j:plain

f:id:greengreengrass:20200109154009j:plain

隣りの鯛家で食事

富山から糸魚川

翌日の富山駅から糸魚川駅までも第三セクター路線、あいの風とやま鉄道からえちごトキめき鉄道となる。

f:id:greengreengrass:20200114120422j:plain

立山連峰

f:id:greengreengrass:20200109155237j:plain

富山駅から糸魚川駅までは運賃1550円




時間
8時 00 847M
50 50
9時   19 1631D
  29 48

 

f:id:greengreengrass:20200114121947j:plain

糸魚川から南小谷

糸魚川大糸線の起点になる。

大糸線糸魚川駅から松本駅の間を結ぶ。糸魚川駅から南小谷駅までがJR西日本南小谷駅から松本駅までがJR東日本の管轄。

したがって糸魚川駅から南小谷駅JR西日本の孤立路線となっている。

参考までに全国のJR孤立路線は以下の地図になる。

f:id:greengreengrass:20200111102726p:plain

JR西日本の孤立線

f:id:greengreengrass:20200117164718p:plain

JR東日本の孤立線

糸魚川から南小谷へは急こう配を駆け上がる。今回収集した大糸線のGPSログと急こう配といわれる小海線のデータを比較してるとこうなっている。

f:id:greengreengrass:20200114080458p:plain

大糸線小海線比較

急こう配といわれる小海線と比較してもこの区間の平均勾配は小海線より急である。

f:id:greengreengrass:20200114121917j:plain

キハ120形

南小谷駅であずさ3号と出会った。

あずさ3号は千葉駅発6時38分、南小谷駅着11時42分 走行時間5時間4分

停車駅は途中20駅 341.6km 日本有数の長距離特急だ。

f:id:greengreengrass:20200115173004j:plain

千葉からやってきた「あずさ3号」

大糸線行程











路線 JR西日本大糸線 JR東日本大糸線
時間
10時 30 847M
11時 1h
03
34 
12時   02 (21)
1h
59
  (59)
13時 4328M  (35)
14時   01

大糸線、車窓からは北アルプスの展望が広がる。

f:id:greengreengrass:20200115175243j:plain

アルプスは丁度冠雪していた。

単線踏破を目ざして その3 へ進む

単線踏破を目ざして その1 に戻る

2017/18/19年JRの決算より
  • JR北海道
    2017年3月決算赤字「▲525億7600万円」
    2018年3月決算赤字「▲559億8200万円」
    2019年3月決算赤字「▲520億円」
  • JR四国
    2017年3月決算赤字「▲119億0900万円」
    2018年3月決算赤字「▲123億3300万円」
    2019年3月決算赤字「▲128億6400万円」
  • JR東海
    2017年3月決算利益額「5870億円」
    2018年3月決算利益額「6127億8400万円」
    (2018年3月決算リニア新幹線関連投資額2500億円)
    2019年3月決算利益額「7097億7500万円」
    (2019年3月決算リニア新幹線関連投資額3100億円)

REMEMBER3.11