紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

JR東日本 純損失5779億円 民営化以来初の赤字

JR東日本の2021決算

JR東日本は28日、2021年3月期決算の最終的なもうけを示す純損益が、5779億円の赤字(前年は1984億円の黒字)だったと発表した。

1987年の国鉄民営化以降、初の赤字決算となった。

  21年3月期は、売上高が1兆7645億円(前年比40・1%減)、本業のもうけを示す営業損益は5203億円の赤字(前年は3808億円の黒字)だった。

鉄道の運輸収入が前年から半減したほか、飲食・物販やホテルなど関連事業も軒並み打撃を受けた。

 新型コロナウイルスの影響による売り上げ減は、1兆1710億円に上ったという。

(前年売上2兆9466億円)

?

2020年発表JR各社の決算より

f:id:greengreengrass:20201203160604p:plain

  • JR北海道
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「260億円」:赤字「▲136億円
  • JR東海
    2019年3月発表決算リニア新幹線関連投資予算額3100億円)
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    (2020年3月発表決算リニア新幹線関連投資額未掲載)
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」

REMEMBER3.11