紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

国鉄最長の日その後1 2020年7月現在の路線 日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 66 線路は続く32

線路は続く 目次

国鉄最長路線のその後

1981年10月1日国鉄最長路線を記録した。

国鉄最長の日 1981年10月1

その後鉄道路線はどうなったか?

2020年7月時点での(旧国鉄)鉄道線路を見てみると下の図になる。

最長の日から、赤色は廃線になり、黄色は国鉄(JR含む)から第三セクターとなった路線。

(歴史上の廃線も含むので、上記1981年以降の廃線ではありません)

それを見ると圧倒的に北海道が多い。

f:id:greengreengrass:20200719162722p:plain

廃線の一覧を地方別に見てみる。

北海道エリアのその後

年数はその路線の一部でも開通した開設日からの廃線までの運用年月

100年越えはブルー色にしている。

北海道エリア・線路廃止
地図 都道府県 線区名 会社 廃止区間 距離km 廃止日 年数
1

天北線 JR 音威子府-南稚内 148.9 1989/4/30 74年5月
2 興浜北線 国鉄 浜頓別-北見枝幸 30.4 1985/6/30 46年11月
3 興浜南線 国鉄 興部-雄武 19.9 1985/7/14 49年9月
4 根北線 国鉄 斜里-越川 12.8 1970/11/30 13年
5 美幸線 国鉄 美深-仁宇布 21.2 1985/9/16 20年11月
6 名寄本線 JR 名寄-遠軽
湧別-中湧別
143 1989/4/30 72年5月
7 渚滑線 国鉄 渚滑-北見滝ノ上 34.3 1985/3/31 61年4月
8 深名線 JR 深川-名寄 121.8 1995/9/3 70年10月
9 羽幌線 国鉄 留萌-幌延 141.1 1987/3/29 59年5月
10 湧網線 国鉄 中湧別-網走 89.8 1987/3/19 51年4月
11 相生線 国鉄 美幌-北見相生 36.8 1985/3/31 60年4月
12 標津線 JR 標茶-根室標津 69.4 1989/4/29 52年6月
13   JR 厚床-中標津 47.5 1989/4/29 55年4月
14 白糠線 国鉄 白糠-北進 25.2 1983/10/22 19年
15 士幌線 国鉄 帯広-十勝三股 78.3 1987/3/22 61年3月
16 広尾線 国鉄 帯広-広尾 84 1987/2/1 57年2月
17 札沼線 国鉄 新十津川-石狩沼田 34.9 1972/6/18 37年6月
18   JR 北海道医療大学
-新十津川
47.6 2020/5/6 85年5月
19 手宮線 国鉄 南小樽-手宮 2.8 1962/3/14 81年3月
20 歌志内線 JR 砂川-歌志内 14.5 1988/4/24 96年9月
21 函館本線 JR 砂川-上砂川 7.3 1994/5/15 67年9月
22 函館本線 国鉄 美唄-南美唄
(路線図なし)
3 1973/9/9 41年9月
23 夕張線 国鉄 紅葉山-登川 7.6 1981/6/30 74年1月
24 石勝線 JR 新夕張-夕張 16.1 2019/3/31 126年4月
25 幌内線 JR 岩見沢-幾春別 18.1 1987/7/12 104年7月
26   JR 三笠-幌内 2.7 1987/7/12
27 万字線 国鉄 志文-万字炭山
(路線図なし)
29.2 1985/3/31 70年4月
28 岩内線 国鉄 小沢-岩内 14.9 1985/6/30 72年7月
29 胆振線 国鉄 京極-脇方 7.5 1970/10/31 50年3月
30   国鉄 倶知安-伊達紋別 83 1986/10/31 45年10月
31 富内線 国鉄 鵡川-日高町 82.5 1986/10/31 64年3月
32 瀬棚線 国鉄 国縫-瀬棚 48.4 1987/3/15 57年3月
33 松前線 JR 木古内-松前 50.8 1988/1/31 50年3月
34 留萌本線 JR 留萌-増毛 16.7 2016/12/4 106年
合計距離km 1592.0
廃止時国鉄km 887.6
廃止時JRkm 704.4
平均年数 62年5月

このエリアでの廃線は1592.0kmになる。 

現在のJR北海道の営業キロ総延長は2535.9km

逆算すると鉄道線路の38.5%が廃止された。 これはJR各社の中で最も廃止路線キロ数が多い。平均運用年数が62年5か月となった。

 

下の図の赤い線が廃止路線だ。そして今後も日高線鵜川-様似間116kmの廃止が予想される。

f:id:greengreengrass:20200723112503p:plain

北海道には1972年最初の鉄道開通新橋駅ー横浜駅間、二番目に開通した大阪駅ー神戸駅間その延伸路線についで古い、1880年開運町ー札幌間が官営幌内鉄道により開通した。

官営幌内鉄道の後継が北海道炭礦鉄道(夕張鉄道合併)その延長路線として、夕張まで夕張鉄道として伸びていた。

その延伸年から起算すると地図番号24夕張線の存続期間は126年4か月となる。

同じような経緯で地図番号25・26幌内線も存続期間は104年7か月となる。

f:id:greengreengrass:20200724175500p:plain

 

東北・関東・信越エリアのその後

100年越えはブルー色にしている。

東北・関東・信越エリア・線路廃止
地図 都道府県 線区名 会社 廃止区間 距離km 廃止日 年数
1 岩手 岩泉線 JR 茂市-岩泉 38.4 2012/3/30 69年9月
2 福島 川俣線 国鉄 松川-岩代川俣 12.2 1972/5/13 46年2月
3 日中線 国鉄 喜多方-熱塩 11.6 1984/3/31 45年7月
4 群馬 吾妻線 国鉄 長野原-太子
地図なし
5.8 1971/5/1 26年3月
5 群馬/長野 信越本線 JR 横川-軽井沢 11.2 1997/9/30 104年5月
6 東京 武蔵野線 国鉄 国分寺~東京競馬場前
地図なし
5.6 1973/3/31 38年11月
7 東京 五日市線 国鉄 武蔵五日市-武蔵岩井 2.7 1982/11/14 57年6月
8 神奈川 相模線 国鉄 寒川-西寒川
地図なし
1.5 1984/3/31 61年10月
9 新潟 赤谷線 国鉄 新発田-東赤谷 18.9 1984/3/31 58年4月
10 弥彦線 国鉄 東三条-越後長沢 7.9 1985/3/31 57年8月
11 魚沼線 国鉄 来迎寺-西小千谷 12.6 1984/3/31 72年6月
合計距離km 148.7
廃止時国鉄km 78.8
廃止時JRkm 69.9
平均年数 57年7月

JR東日本の営業キロ総延長は7401.7km

逆算すると1.97%の廃止率

最も三陸鉄道や青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道等第三セクター化された路線も多い。

f:id:greengreengrass:20200725122306p:plain

 

f:id:greengreengrass:20200725122323p:plain

 

軽井沢駅ー横川駅間のアプト式線路は1893年4月1日に完成。

廃止された1997年で104年を越えた運用となった。f:id:greengreengrass:20200725075617p:plain

10kmほどの区間で570m57.2‰ほど登板する。 (横川-軽井沢間の最急こう配は66.7‰)

中部エリアのその後

中部エリア・線路廃止
地図 都道府県 線区名 会社 廃止区間 距離km 廃止日 年数
1 富山/岐阜 神岡線 第三 猪谷-神岡 20.3 2006/12/1 22年2月
2 石川 能登線 第三 穴水-蛸島 61.1 2005/3/31 45年9月
3 七尾線 第三 穴水-輪島 20.4 2001/3/31 72年5月
4 静岡 清水港線 国鉄 清水-三保 8.3 1984/3/31 67年8月
5 福井 三国線 国鉄 金津-芦原 4.5 1972/2/29 80年2月
合計距離km 33.1
廃止時国鉄km 12.8
廃止時第三セクターkm 20.3
平均年数 53年8月

f:id:greengreengrass:20200726152945p:plain

特異なものは上図の愛知環状鉄道(一部)は国鉄時代に特定地方交通線に指定された。

そのため国鉄分割時に第三セクター化となり、その後延伸されて「愛知環状鉄道」となった。

2011年度の輸送密度は約9,816人/日であるが、これは旧国鉄路線から転換された第三セクター鉄道では最高であり、輸送密度が8,000人/日以上であるのもこの路線のみである。
2014年度の輸送密度は約10,081人/日と10,000人以上の大台に到達した。

線路は続く 目次

 

 

2020年発表JR各社の決算より
  • JR北海道
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「260億円」:赤字「▲136億円
  • JR東海
    2019年3月発表決算リニア新幹線関連投資予算額3100億円)
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    (2020年3月発表決算リニア新幹線関連投資額未掲載)
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」

REMEMBER3.11