紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

ラグビーワールドカップ前哨戦鵜住居スタジアム抽選に外れたので九州へ・・その1

今年日本で行われるラグビーワールドカップは東北釜石鵜住居復興スタジアムでも試合があることになっている。

そしてその前哨戦「パシフィックネーションズカップ2019 日本 vs フィジー戦」が7月27日に行われることになった。

(このテストマッチ予定発表のあとで周辺の宿も一杯になった)

これはぜひ夏の期間に観賞しなければと応募したが、残念抽選に外れた。

そこで東北と(逆らって)真反対の未踏地九州に行こうと考えた。

その九州彷徨も縮小

f:id:greengreengrass:20190731201627j:plain

一旦は九州の路線をできるだけ踏破しようと考えた。

しかし、7月初めの豪雨で南九州は鉄道も寸断の一歩手前だった。

まさかの事態を考慮し、九州周遊ではなく路盤の不安な南九州部分を諦め、長崎から博多にした。

京都から下関

f:id:greengreengrass:20190730113923p:plain

京都-下関

 それぞれの列車の発車時間と到着時間、それに乗車時間を記載

凡例

7時

発車時間

13(分)

 
8時

乗車時間

1h
37

(到着時間)

50(分)

 

京都から下関









時間 新快速
姫路行
3405M
                       
7時 13                          
8時 1h
37
乗換                      
50 播州赤穂
953M
乗換                  
9時     11   岡山行
1311M
               
    19 30 32   乗換              
10時         56 28 糸崎行
1725M
           
            49              
11時             1h
29
乗換          
            岩国行
349M
       
12時             18 19          
                2h
17
       
13時                        
                乗換      
14時                 新山口
3341M
   
                36 40      
15時                     1h
53
   
                    乗換  
16時                     下関行
3419M
                    33 47  
17時                         1h
14
                       
18時                         01

上の表で最後の列車、3419M下関行に乗車中の17時40分小月駅に入るころ、列車上空を4機編隊の飛行機がかすめて行った。

思わず、岩国基地オスプレイか!とカメラを向けた。

当然近くでは撮れるわけはなく、はるか彼方の機影を捉えた。 

f:id:greengreengrass:20190731172018j:plain

帰宅後調べると、小月海上自衛隊基地からの教育飛行隊の練習飛行らしい。

JRから何気なく外を見ていたところ、上から枯葉のように、しかし一糸乱れぬ4枚が舞い降りたと感じた。

上の画像を拡大すると、

f:id:greengreengrass:20190731172447j:plain

T-5練習機と思われる機影がわかる。

f:id:greengreengrass:20190731173627j:plain

次の画像にはトンボが映っていた。紛らわしい・・

 

赤間神宮

下関着は18時1分。まだ十分日は残っている。当地では日没は19時過ぎ。

釧路を調べると8月1日で18時45分、12月では15時30分ころだったから釧路では3時間もの年差がある。

ゲストハウスといわれる宿に泊まった。目の前が関門海峡

f:id:greengreengrass:20190731173833j:plain

関門海峡

下関駅からは少し離れるが、赤間神宮の前。

赤い社殿が傾いた陽を受けて一層赤く見えた。

f:id:greengreengrass:20190801071214j:plain

ラグビーワールドカップ前哨戦鵜住居スタジアム抽選に外れたので九州へ・・その2 へ進む

2017/18/19年JRの決算より
  • JR北海道
    2017年3月決算赤字「▲525億7600万円」
    2018年3月決算赤字「▲559億8200万円」
    2019年3月決算赤字「▲520億円」
  • JR四国
    2017年3月決算赤字「▲119億0900万円」
    2018年3月決算赤字「▲123億3300万円」
    2019年3月決算赤字「▲128億6400万円」
  • JR東海
    2017年3月決算利益額「5870億円」
    2018年3月決算利益額「6127億8400万円」
    (2018年3月決算リニア新幹線関連投資額2500億円)
    2019年3月決算利益額「7097億7500万円」
    (2019年3月決算リニア新幹線関連投資額3100億円)

REMEMBER3.11