紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

郷土の代表は何人いるか

まずは誇れる大阪の代表から

毎年そう思うが有力校ほど日本全国からリトルリーグ出身者が集まっている。

その偏差がますますひどくなっている。

大阪桐蔭中学校・高等学校は調べてみると、以下表のようにベンチ入りメンバーの中に大阪府出身者

指定色

が5名、大阪府外出身者がなんと13名

府外出身の割合は72%となる。

かっては「郷土の代表」といううたい文句で各府県の出場高校がある地域に主催新聞社の営業をかけ部数を集めていた。

プロ野球の巨人軍は読売新聞の拡販ツールであり、高校野球朝日新聞の拡販ツールだ。

しかしこの表をみると郷土の代表なのだろうか。

 

氏名 出身
1投手 柿木蓮3年 佐賀県中央中 / 佐賀東松ボーイズ
2 小泉航平3年 和歌山県河南中 / 和歌山日高ボーイズ
3 石川瑞貴3年 大阪府堺市立泉ヶ丘東中/住吉ボーイズ
4 山田健太3年 愛知県千代田中 / 東海ボーイズ
5 中川卓也3年 大阪府長吉中 / 大阪福島リトルシニア
6投手 根尾昂3年 岐阜県古川中 / 飛騨高山ボーイズ
7 宮崎仁斗3年 奈良県式下中 / 志貴ボーイズ
8 藤原恭大3年 大阪府豊中五中 / 枚方ボーイズ
9 青地斗舞3年 大阪府貴志中 / 河南リトルシニア
10投手 横川凱3年 滋賀県大東中 / 湖北ボーイズ
11 井阪太一3年 奈良県春日中 / 奈良西リトルシニア
12 飯田光希3年 徳島県板野中 / 徳島東リトルシニア
13 宮本涼太2年 大阪府寝屋川第一中 / 枚方ボーイズ
14 俵藤夏冴3年 愛媛県今治西中 /今治中央ボーイズ
15 青木大地3年 京都府木津第二中 / 郡山リトルシニア(奈良)
16 中野波来2年 兵庫県淡路市立岩屋中 /明石ボーイズ
17 奥田一聖3年 札幌市立栄南中 / 札幌新琴似リトルシニア
18 森本昂佑3年 兵庫県魚崎中学 / 大阪南海ボーイズ 

 

なかでも投手は野球のかなめである。

大阪桐蔭の場合そのベンチ入り投手は3名とも他府県の出身者。

きっと大阪桐蔭中学校・高等学校は全国にそのスカウトの目を光らせているのだろう。

かってそうだったドラフト選択会議のないプロ野球と同じ状況になっている。

しかし高校球児の水面下での獲得競争はかってのプロ野球以上だ。

こんな不公平はない。

 

その意味では真に誇れる秋田の代表

氏名 出身
1 吉田輝星 3年 秋田県 潟上市天王中。中学軟式
2 菊地亮太 3年 秋田県潟上市羽城中
3 高橋佑輔 3年 秋田県秋田市勝平中
4 菅原天空3年 秋田県潟上市羽城中
5 打川和輝 3年  秋田県秋田市泉中。中学軟式
6 斎藤璃玖 3年  秋田県井川町井川中。中学軟式
7 佐々木大夢3年 秋田県秋田市河辺中
8 大友朝陽3年  秋田県秋田市桜中
9 菊地彪吾 3年  秋田県秋田市山王中
10 関悠人2年  秋田県秋田市秋田南中。中学軟式
11 嶋崎響己2年  秋田県秋田市立雄和中
12 沢石和也 2年  秋田県秋田市桜中。中学軟式
13 小松雅弥 2年  秋田県秋田市泉中
14 佐々木大和 2年  秋田県秋田市御野場
15 菅原大 2年  秋田県潟上市立羽城中
16 工藤来夢 2年 秋田県秋田市土崎中。中学軟式
17 船木弦 2年  秋田県秋田市秋田東中
18 池田翔 2年  秋田県秋田市御野場中。中学軟式

 

こちらは100%純血の秋田県代表、秋田県立金足農業高等学校

全員が秋田県出身者だ。

その意味での万雷の拍手だったのだ。

今夏のような暑さが続くなら、現行の大会方式には無理が出てくるし、高校野球は甲子園でという固定観念を変えていく必要があるでしょう。
日本社会と同じく、今後は多様性を認め合わないと成り立ちません。集団行動が苦手な人の存在にも目を向けるような高校野球であって欲しい。

「東北の魂背負う金足農 200回へ夢は続く 久米宏さん」より

久米さん主張するところはいいが、記事の最後に以下のような蛇足の一文を挟まれないようにしないとそれこそ幇間に思われる。

200回へ向け、東北の夢は続きます。いい経験でした。高校野球にはまってしまいそうです。きっと101回大会も見ます。

 

REMEMBER3.11