読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

JR秋の乗り放題パス

日本最初の鉄道が開通した10月14日に合わせて9月20日から記念切符「JR秋の乗り放題キップ」が発売される。
JR全線3日間乗り放題7500円となっている。(10月20日まで有効 ここまでJRのPRもどき)http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?t0=0&mode=type&SearchFlag=2&serchBtn3.x=19&serchBtn3.y=9&pc=2&GoodsCd=1980
青春18キップと異なる点は連続する3日間であること、複数人では使用できないこと。
よって3人で同じ行程の一日旅行には使えない、使い勝手が大いに制限される。
もともと青春18キップは5枚つづりの切り離し可能としたキップであった。
切り離し不可への変更当時は金券ショップでのばら売りを避けるためとうわさされていたが、最近でも残り回数分キップが金券ショップ店頭で販売されているので、JR秋の乗り放題キップ
さらに厳しく制限をかけたといわれている。
将来「青春18キップ」も同じ方式にかわるのではと噂されている。

Train


日ごろ通常の料金でJRを利用する人が、青春18キップで1日あたり2300円と安く長距離を利用するというマイナス要素を誇大に考える必要はないのでは。
そもそも列車というものは何人が乗ろうと掛かるコストは(ほぼ)同じである。
500人乗車の車両と、乗車0の車両が同じ距離を走ったとしても固定費は同じ、電気代と車両損耗費、線路損耗費程度が少しことなる程度である。(一方キップ印刷費や用紙代は少し節約される)
つまり列車には少しでも多く乗っていただくことが鉄道会社にとって大いに望まれることである。
それならば、グループで5人一挙に出かけるキップということは何より乗客を増やす有効な方法ではないか。
通常自家用車で出かける層がこの機会にと一家五人列車に乗って一日出かける、楽しいことではないか。

 

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」