紙つぶて 細く永く

Web+Log=Blog

タテカンと教育する資格

京都大学教育機関としての資格

ビッグゴリラの貼り紙も剥がされている時点で京大側の「地震による倒壊の危険があるため」なんて論理は通用しません。立て看板を撤去するために、景観の話と安全性の話を都合よく使い分けているだけです。京大側にあるのは、絶対に学生と話し合わない、立て看は撤去する、ということだけ。

23:05 - 2018年6月18日

最近の規制で京大に失望してる受験生へ。 正直、自由な大学を作ってるのは京大生であって、京大じゃないし、京大生がいる限り自由な大学やから安心して来てください。

タテカンや寮の多様性は潰すのに?

f:id:greengreengrass:20180621074832p:plain

タテカン撤去の様子

 

構内に延期のお知らせを設置したのに撤去されていました。景観条例でしょうか。それとも安全の為?学生の安全など考えたことも無いくせに

注 6月20日12時から自由の場「総合人間学部広場」で「タテカンフェスティバル」が開催予定だった。天候悪化により急遽下記写真場所にたてたのが上記「延期のおしらせ」

杓子定規にこのお知らせも撤去された。無機的組織の典型。

 

震度4強でもびくともしない立て看板が倒壊するレベルの地震がくることを懸念しているのに、休講措置はとらない京都大学。このあと「地震による立て看板倒壊の可能性があるため撤去いたしました」という告示が出るでしょう。

以上話題のツイッター 【タテカン製作支援団体】シン・ゴリラ (@shingorilla2018) | Twitter より

京都大学この組織に高等教育機関としての自覚はあるのだろうか

それどころかこの組織に教育機関としての資格はあるのだろうか?

一部の教職員を除き、学生本位の教育的視点にたっていない。教育の意義を取り戻すその意味では象牙の塔にたち籠ることも同罪になるだろう。

それに引き換え学生の中には、

「自由な大学を作ってるのは京大生であって、京大じゃないし、京大生がいる限り自由な大学やから安心して来てください」

なんて健気な心意気がある。

ノーベル賞よりも地域との調和を優先します。

学生の安全よりも、「危険」なタテカン撤去を優先します。

自由の学風よりも、そこらあたりの並みの大学となることを優先します。

一層大学vs学生の構図がつよくなってきたなあ・・。

いやその後ろには気遣う市民もいる。

(OB達はなにをしているのかなあ)

REMEMBER3.11

広告を非表示にする