読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

疑問だったことを探しました 

日本国では戦略的に宗谷津軽、海峡等における領海の幅が通常の12海里でなく3海里にとどめられている。

日本における「特定海域」

日本における特定海域とは、宗谷津軽対馬東水道、同西水道及び大隅の、領海の幅が通常の12海里でなく3海里にとどめられた5つの海峡をさす。つまり、現在では日本国内にある国際海峡の別称と見ることができる。

制定の経緯

領海を12海里とする主張が世界的に優位になったことを受け、日本は1977年(昭和52年)に領海法を制定し、これまでの3海里の幅の領海を12海里に拡張した。この立法趣旨に従えば上記5海峡も領海が12海里になるはずだが、この5海峡にかぎって3海里にとどめられている。その理由は非核三原則にあるといわれている。

仮に、この5海峡の領海幅を3海里から12海里にしてしまうと5海峡は完全に日本の領海になる。一方、国際法(海洋法条約38条2)では国際海峡における外国の船舶及び航空機の通過通航権が認められている(それは核兵器を搭載した外国の軍艦あるいは軍用機であっても同じである)。とすると、核兵器を搭載した外国の軍艦が当該海峡を通過する場合、日本は国際法上、軍艦の通過は拒否できず、結果として領海内に核兵器が持ち込まれたこととなり、非核三原則の「持ち込ませず」の原則を堅持できなくなるのである。

そこで、海峡上に領海に含まれない海域を残し、核兵器を搭載した軍艦をこの海域上を通航させることによって、こういった事態に対処しようとしたのである。

パトリオット(PAC3)の迎撃成功率について

・優秀なPAC-3の迎撃試験成績
http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/506666...

リンク先の実験結果を数えると試験回数31回中成功が23回、失敗は8回
高いと判断するか低いと判断するかは人次第。

ただ、湾岸戦争時の事例を出してパトリオットは当たらないと主張する人が居ますが、あれはPAC-2という対航空機用のミサイルでした。
その時の戦訓をもとに対弾道弾用のPAC-3が開発されています。
その辺を混同しないようにしてください。
PAC-3イラク戦争で実戦使用され、PAC-2GEM(PAC-2の改良型)と共に短距離弾道ミサイルを迎撃しています。
ただし、PAC-3による迎撃範囲は射高15~20km、射程は20kmと短いです。
本来PAC-3は基地防衛用に開発されており、国土全体を守るものではないからです

PAC-3の性能
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/pac-3.htm

参考:ミサイル防衛PAC-3無効論を斬ってみる
http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/506990...

「日本中どこに落ちそうになっても迎撃する」役割を担っているのがイージス艦から運用されるスタンダードSM-3です。
これは射程が1600km(公表値、一説には3000kmとも)あり、日本海イージス艦2隻を配備すれば北海道から沖縄まで防衛範囲に入ります。
(下図はマークを中心に1600kmの範囲)

・スタンダードSM-3(現在配備中のものはブロック1A )
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/sm-3.htm

スタンダードSM-3の実験結果はこちら。
ミサイル防衛局のミサイル迎撃実験の報告です。(英語)
http://www.mda.mil/global/documents/pdf/aegis_tests.pdf
http://www.mda.mil/global/documents/pdf/testrecord.pdf

これらはイージス艦によるスタンダードSM3を用いた弾道ミサイルの迎撃実験の結果一覧です。
内容をさらっと言うと27回中22回の迎撃実験に成功しています。
一番目の資料の中に「JS Kongo(Japan)」、他にも「JS Chokai」や「JS Myoko」「JS Kirisima」の文字もあります。
日本のこんごう型護衛艦の4隻も参加しており、ちょうかいがSM3の弾頭の不具合で失敗した他は3隻とも成功させています。


また、実戦に近い状況としては老朽化して落下してきた人工衛星をスタンダードSM-3で迎撃した事例があります。
この時の人工衛星の速度はマッハ30、迎撃高度247kmという公表されている迎撃可能高度160kmを大きく上回る値でした。
ちなみに日本に向けられていると言われるノドンが最大飛翔高度200km、最大速度はマッハ9です。
(ムスダンは射程距離を考えるとグアム用と考えた方が自然)

PAC-3はSM-3による迎撃が失敗した場合の保険として迎撃を多層化することで安全率を上げています。
なぜかPAC-3ばかり話題に上がるんですが、イージス艦のスタンダードSM-3による迎撃こそが本命です。

出典 PAC3は信頼できますか?成功率はどれくらいなのでしょうか? - PAC-3は... - Yahoo!知恵袋


日本の潜水艦
イランや韓国についで隻数では世界7位らしい。
出典 「世界の軍事力ランキング」潜水艦の国別保有隻数(2012年)【国際戦略研究所】世界ランキング統計局


全部受け売りです。

 

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」

 

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」