紙つぶて 細く永く

Web+Log=Blog

再読

「私は未来の侮辱をうけないために、今の尊敬をしりぞけたいと思うのです。
私はいっそうさびしい未来の私を我慢する代わりに、さびしい今の私を我慢したいのです。
自由と独立とおのれとに充ちた現代に生まれたわれわれは、その犠牲としてみんなこの
さびしみを味わわなくてはならないでしょう。」
クイズこれはなんという文学でしょう?
-(ヒント先生のひとこと)-です。

広告を非表示にする