紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

女のいない男たち 読後感

「女のいない男たち」村上春樹著 
「まえがき」に記されているのは、いろんな事情で女性に去られてしまった男たち、あるいは去られようとしている男たち、の物語である。
そうだろうか、この中の幾編かの小説はまさに女のいる男たちなのではなかろうか?
作者の意図とわれわれ読者が感じる、その感覚の落差は決定的に思える。
わずかに「イエスタデイ」と「木野」に著者真髄のはかなさが表れているが、他は作者の意図がわれわれ読者になにものをも訴えてこない。
Ike