紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

どこでもドアキップ 伯備・芸備・境・福塩線 第二日Part1

未踏線、伯備・芸備・木次・境港線を踏破

JR西日本から「どこでもドアキップ」が発売されている。

以下参照 

www.jr-odekake.net

f:id:greengreengrass:20201130111022p:plain

なぜか土休日が安い。これを利用して未踏線、伯備・芸備・木次・境港線を乗りつぶしの旅へ

初日は伯備線(新見駅から備後落合駅)、芸備線、木次線を乗車した。

2日目は米子駅から境港駅往復に出発。

境港線を踏破

f:id:greengreengrass:20201207143644j:plain

朝の雲

f:id:greengreengrass:20201207144056j:plain

米子駅前のモニュメント

境線乗車日は日曜日だった。車両は2両。出雲空港が途中にあるのできっと乗客も見込めるのだろう。ICカードが使える。

f:id:greengreengrass:20201207153548j:plain

米子駅0番線ホーム

f:id:greengreengrass:20201207154318j:plainf:id:greengreengrass:20201207154631j:plain

水木しげるは境港で育った。列車も町も「ゲゲゲの鬼太郎」で溢れていた。

f:id:greengreengrass:20201207155102j:plain

f:id:greengreengrass:20201207160629j:plain

米子駅は「ねずみ男駅」という愛称。

今度の計画では米子で宿泊、翌日朝早く境港往復そして米子に帰り、土産物を買う予定だった。

しかしホテルでは朝食を進められ、時間的余裕もあるのでと、後先考えずに朝食を摂り境港行を1時間遅らせた。

その結果、戻ってきた米子駅は待ち時間5分となり昼食を買えなくなった。

米子駅で特急やくも3号は時刻通りすぐやってきた。

宍道駅11時12分発で備後落合駅14時33分。それ以降も売店等は見込めない。 

 

米子駅から帰路














路線 境港線 木次線 福塩線   東海道新幹線
  山陰線 芸備線   山陽新幹線
所要時間 0:44/0:46 3:21 1:44 0:16
  0:35 1:20 0:48 1:01
8時 31 1639
D
9時 44 15
  25 1642
D
10時   46 11
  16 やくも
3号
  35 51 備後
落合
11時   12 1449
D
12時   3h
21
13時  
14時   33
  43 359
D
15時   1h
20
16時   03
  53 1730
D
17時 1h
44
18時   37
  42 さくら
566号
19時   48 30
20時   15 のぞみ
62号
  16 31

  36 のぞみ
64号

21時     20 のぞみ
64号
  1h
01
  37

宍道駅に売店はなかった

どこでもドアキップは特急にも乗車できる。なので米子駅、宍道駅間を特急に乗車した。

昨日は逆コースだったが、宍道駅米子駅間は144Dで1時間3分だったが、特急やくも3号は35分で着く。

自由席ではあったが、検札があり、切符を見せるとにこっと笑い、「どちらまでゆかれますか?」

と聞かれたので、「あっと、福山まで行きます」と・・。

なんのこと、というようなムードになり、あわてて「宍道です」と訂正した。

旅の行先を聞かれたのかと勘違いした。

やはり乗り慣れない特急だ。

f:id:greengreengrass:20201207170828j:plain

宍道駅に売店はなく、周辺にもなかった。

宍道駅の待ち時間は21分ある。駅の改札で弁当の売店を聞いた。

国道のコンビニまで行かないとないとのこと。

20分の間に買えるか悩んだが、行けるとこまで行こうと走った。

国道までは200m少し、コンビニがあり丁度弁当も揃っていた。

結局駅には息を切らしながら、少し余裕のある時間に戻ってきた。

f:id:greengreengrass:20201208085931j:plain

宍道駅ホーム

 

どこでもドアキップ 伯備・芸備・境・福塩線 第二日Part2  へ進む

どこでもドアキップ 伯備・芸備・境・福塩線 第一日Part3  に戻る

?

2020年発表JR各社の決算より

f:id:greengreengrass:20201203160604p:plain

  • JR北海道
    2020年3月発表決算
    運輸収入「875億円」:赤字「▲521億円
  • JR四国
    2020年3月発表決算
    運輸収入「260億円」:赤字「▲136億円
  • JR東海
    2019年3月発表決算リニア新幹線関連投資予算額3100億円)
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆4222億円」:鉄道部門利益額「6167億3300万円」
    (2020年3月発表決算リニア新幹線関連投資額未掲載)
  • JR東日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1兆9692億円」:鉄道部門利益額「2540億9500万円」
  • JR西日本
    2020年3月発表決算
    運輸収入「9318億円」:鉄道部門利益額「1054億1200万円」
  • JR九州
    2020年3月発表決算
    運輸収入「1652億円」:鉄道部門利益額「200億8900万円」

REMEMBER3.11