紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

再訪問 青春18きっぷ旅 2013年7月 Part2

外出が憚れる今、過去の旅を見つめ直すとどうなるだろうか・・

今回からは2013年7月の「再び東北巡りの旅」2回目 

新庄から秋田経由五能線です。

表中の赤字は乗車時間。合わせて駅間の距離と平均運行速度、駅数を掲載した。

【凡例】

駅名
区間
距離
駅間の営業キロ
時速 駅間の運行時速
駅数 区間の駅数
駅間 駅間の運行時間分
6時 出発 列車番号
所要時間 到着

 

検証 新庄から五能線へ

五能線は観光路線の魁てき存在で、沿線にある白神山地によっても神秘的な魅力が溢れている。

今でこそそんな思いだが、当時五能線については何も知らなかった。

旅行代理店で東北地方と考えていたこともあり東北のカタログを眺めて、「不老ふ死温泉」が目に留まった。

そしてここを目的地の一つに旅程を組んだ。 

そうなると白神山地という考えが浮かび、弘前からレンタカーで白神山地とおもい至った。

後先になったが計画は当初このように立てた。

東京、新庄、不老ふ死温泉、帰りにどこかで一泊、そして東京で一泊、帰宅。

f:id:greengreengrass:20200418142848p:plain

出発の時点で、山形で20日に起きた信号機故障により、迂回をして東京から新庄までは以下のような行程となった。


宿






区間
距離
27.4  79.2 53.8  63.4  46.1
時速 51.4 60.9  63.3  60.4 58.9
停車
駅数
4 17 10 13 10
駅間
8'00 4’35 5'06 4’50 4’42
6時 58 2600
E
7時 32 30
  41 541
M
8時   1h
18
59
9時   32 1543
M
10時   51 23
  27 2135
M
11時   1h
03
30 56 1141
M
12時   47 43

 


13時 00
13時 3575
M

14時 13 20

15時   443
M
05  
  47


16時   1739
D
54  
17時 鳴子温泉発は18:00まで無し
18時   00
19時   735
D
02

新庄駅からは送迎バスで肘折温泉に1泊。

翌日は青森県不老ふ死温泉までの行程。

余裕があるので朝8時過ぎに新庄駅まで送ってもらった。

新庄駅周辺を散策した。

昨年訪れた鶴岡もそうであるが、東北・雪の多いところでは雪の重さがそうさせるのか、各家々がしっかりと地に根ざして建っている。

当地では夏に訪れた雪の積もらない地からの観光客では計り知れない、冬の厳しさがあるのであろう。

翌日訪れることになる、津軽・弘前も同じ顔であった。

検証 秋田新幹線と並走

11時過ぎに出発の奥羽本線秋田行きで出発。

f:id:greengreengrass:20200419100649j:plain

f:id:greengreengrass:20200419102120j:plain

秋田駅手前でこまち29号が横を追い越していった

丁度この間の奥羽線の神宮寺駅から峰吉川駅間は三線軌条となっている。

f:id:greengreengrass:20200420073158p:plain

資料 奥羽線列車脱線事故 より

 

f:id:greengreengrass:20200419102913j:plain

奥側「スーパーこまち12号」と手前「こまち29号」

秋田駅で臨時のリゾート白神5号「青池」に乗る。

f:id:greengreengrass:20200419100847j:plain



ウェスパ
椿
区間
距離
   
時速 51.4 60.9 
停車
駅数
4 17
駅間
8'00 4’35
11時 11 2441
12時 2h
50
13時
14時

01

10 8625
D
リゾート


5号
15時   51
16時   16

再訪問 2013年7月 Part3 へ進む

再訪問 2013年7月 Part1 へ戻る

2017/18/19年JRの決算より
  • JR北海道
    2017年3月決算赤字「▲525億7600万円」
    2018年3月決算赤字「▲559億8200万円」
    2019年3月決算赤字「▲520億円」
  • JR四国
    2017年3月決算赤字「▲119億0900万円」
    2018年3月決算赤字「▲123億3300万円」
    2019年3月決算赤字「▲128億6400万円」
  • JR東海
    2017年3月決算利益額「5870億円」
    2018年3月決算利益額「6127億8400万円」
    (2018年3月決算リニア新幹線関連投資額2500億円)
    2019年3月決算利益額「7097億7500万円」
    (2019年3月決算リニア新幹線関連投資額3100億円)

REMEMBER3.11