紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

また再びの東北 1

東北に魅かれて

12月20日からまた東北に行った。今回も青春18きっぷでと考えたが、ふとJTBから1泊4日、つまり一泊の宿を決めるがあとはお好きにというツアーがあったので2回目の東北新幹線を利用した。
盛岡から角館、平泉そして釜石から花巻といわば「東北真ん中紀行」

以前青森の岩木山横を通過 (青森の岩木山を通過)したときにも地元の人は毎日この山を見るのだという感動を覚えたが、今回盛岡の岩手山も同じような立ち姿であった。

f:id:greengreengrass:20151227111813j:plain

新幹線は盛岡着、駅前でレンタカーを借り国道46号線で角館へ向かった。

当日は暖かい日であったが昨年行った田沢湖豪雪のことがちらっと頭をよぎる。

スタッドレスなので峠さえ越えれば大丈夫と店の人に聞かされ一路秋田へ。

岩手山はその途中での写真
雫石「しずく庵」で昼食 仙岩峠も少し雪が残っていたが車も少なくなんなく通過。

角館は季節外れなのか観光客がほとんどいなかった。もちろん雪もなし。

f:id:greengreengrass:20151227114920j:plain

あと一歩のアビーロード

帰宅した後調べれば、この地方では暴風雪の予報が出ているし実際のニュース映像では数時間で1m近く雪が積もったとあった。

少しの時間差で雪なしに訪問できて残念なのかよかったのか・・

そして盛岡へ戻り荷を解いた。夕食はホテル近くの酒と和食の店 大変美味だった。

f:id:greengreengrass:20151227121033j:plain

f:id:greengreengrass:20151227121122j:plain

f:id:greengreengrass:20151227121212j:plain

f:id:greengreengrass:20151227121258j:plain

店主やウェイトレスの女の子とにぎやかな会話で、京都からと伝えると多くがぜひ行きたいと答える。

人は異郷の地に憧れるのだ。

また再びの東北 2 - 紙つぶて 細く永く へ進む



 

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」