紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

2017-06-16から1日間の記事一覧

現在の我が国には

文書はあった。つまり嘘をついていた。 なぜ嘘をつく必要があったかを考えてみる。 結果の誘導を行っていないのなら、たとえ文書が存在し公表されても問題ではないと考える。 公開された場合、その文書の信ぴょう性を明らかにするよう働きかければいいのだ。…

美学革命 掌のなかの宇宙 加藤周一

紹鷗の門弟の一人であった千利休は茶室をさらに小さく(二畳)し、入口の縁を廃して「露地」を強調し、角柱の代わりに自然の表面を残した丸柱を用い、白い壁に代えて荒壁とした。茶碗は利休自ら長次郎に作らせた楽焼である。それは一方の極端から正反対の極…