紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

2013-06-08から1日間の記事一覧

個人と概念、文明 2

司馬遼太郎-概念!この激烈な-在日朝鮮人である私の友人と時々散歩する。この友人は光復(注 1945年)のとき、8、9歳だった。話題が彼の母国の国語のことになった。「キタ(平壌)は日本語を一掃しましたよ。日本製の漢語をいっさいつかっていない」と…

個人と概念、文明 1

日朝両民族は、漢字という「文明」を共有した。漢字はいうまでもなく中国の発明である。-便利だから、他民族も利用する。というのが文明である以上、東アジアで漢字ほど重宝がられた文明はなかった。漢民族は本来のものとしては存在せずいわば醸成された。周…