紙つぶて 細く永く

「イヴァンよお前にやる花はない」プラハの花屋

2012-04-14から1日間の記事一覧

<近代の克服> 「転向論にかえて」終章

京都学派においての論軸は「哲学的人間学」であった。人間存在の社会性の次元、民族や国家の次元をそれなりに勘案しようという姿勢から、一面ではマルクス主義の社会科学的な知見を"取込み"つつも、他面では拙速にマルクス主義の"不備"欠落を"批判"する所以…

<近代の克服> 「転向論にかえて」終章

京都学派においての論軸は「哲学的人間学」であった。人間存在の社会性の次元、民族や国家の次元をそれなりに勘案しようという姿勢から、一面ではマルクス主義の社会科学的な知見を"取込み"つつも、他面では拙速にマルクス主義の"不備"欠落を"批判"する所以…