紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は旧Blog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

仮面の右翼

議員諸氏悪あがきはやめた方がいい。3年待てば情勢は変わる、じっと堪えればいい。
3年間でなにものにも勝る実力をつけろ、地盤を作るのだ。3年たてば情勢は劇的に変わっている。
 この事態は長くは続かない、元大阪府知事のごとく、きっと似非愛国者の自壊がはじまる。


 小池氏のつつましやかな笑顔の裏には、日本という「もの」にに対する計り知れぬ憤怒があるのだろう。憤怒の果てに待っているものをしっかりと見極めないと。
憤怒の果てから、あの策略のエネルギーが生まれる。
彼女の軽く浮いた経歴の中でも最大のヒントは、「幸福実現党」との密接な共同演説だ。下記画像参照
これは、本性は「日本核武装」そこにあるとの審判をされてもいいよ、というシグナルなのかもしれない。

小池百合子(自民党)・泉としひこ(幸福実現党) 共同演説会 by OsakaWatch - Dailymotion


前原氏にはもう一人前原氏が必要なのでは、一つの頭では無理だ。

f:id:greengreengrass:20171001202105j:plain

f:id:greengreengrass:20170924134934j:plain


もっとも世界では、この一年の内に大きく変わる。
トランプの弾劾は目の前だというのに・・。
そんな時に日本は何をしているのかと情けなくなる。

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」