紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

質問の流儀

休会中審査で小池議員は「最高指揮官たる総理はこの間何をしていたのか」と問いただした。それに対し首相は特別防衛監察があるのでその間の問い合わせは差し控えている、のでいまだにその件についての報告はないと語った。
一見手順に則ったさもありなんという答えのように思われ小池議員も追及の手を緩めたが、これは大いに異なる。
そう述べるなら、次の問題として、発覚してから防衛特別観察が始まるまでの期間約1ヶ月何をしていたのかという疑問が発生する。ここを質問しないといけない。

時系列でいうと、日報隠匿が発覚したのは2017年2月そして特別防衛監察は陸上自衛隊に日報の電子データが保管されていたとの報道を受け、3月17日に始まった。
 自衛隊最高指揮官たる総理はこの間1か月ほど何をしていたのだろうか?

f:id:greengreengrass:20170726145209j:plain
コップの中で昼寝をしていた・・zzz

政治家から言葉を取れば何も残らない。当然の結論だ。政治家にとっての言葉は宝だ。それを軽々しく扱う。これはもはや政治という土俵の外だ。
「急な質問で整理ができず、間違ってしまった。お詫びし、改めて訂正します」なんてことが通用するなら、それは言葉ではない。
 ちなみに件の質問書答弁書はこれだ。

参議院Webページ 質問主意書:参議院

平成29年4月18日福島みずほ議員の質問趣旨書82号

加計学園獣医学部新設に関する質問主意書(抜粋) (その中の一)安倍首相は、学校法人加計学園の加計孝太郎理事長が今治市獣医学部を作りたいと考えていることを2016年11月9日以前に知っていたか。知っていたのであれば、いつから知っていたのか。

それに対する答弁書がこれだ。

参議院Webページ 質問主意書:参議院

平成29年4月28日 内閣参質193第82号答弁書(抜粋) 一について  獣医学部の新設については、平成19年11月の愛媛県今治市等からの構造改革特別区域法(平成14年法律第189号)第三条第三項に規定されている提案に係る説明資料において、学校法人加計学園がその候補となる者である旨記載されており、こうした提案を受けて、安倍内閣総理大臣を本部長とする構造改革特別区域推進本部において、平成25年10月11日、平成26年5月19日及び平成27年8月25日に構造改革特別区域の提案等に対する政府の対応方針を決定するとともに、平成27年6月30日に「「日本再興戦略」改訂2015」を閣議決定したところである。

10日もかかって練りに練って答弁したのだ。
うん、これの署名は「内閣総理大臣臨時代理 国務大臣 麻生 太郎」となっている。大変、安倍君ではなくて昼寝をしていた麻生君が嘘をついたんだ。