紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は旧Blog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

小さな危機の接近をも拒否することが必要なのか

戦艦に乗っていて、正体不明のボートが接近してきた、戦艦は警告を発するがボートは停まらない。まさしく「危機」だろう。
しかしこれは危機管理をすべき危機だろうか。
このような「危機」をも回避するようにシステムは整備されなければならないのだろうか。

卑近な例でいえば、ある日私はホームに立っている。その時後ろから得体のしれない男が近づいてきた、私には少し後ろめたいところがあるので、これは私への仕打ちを狙った輩がホームから突き落とそうとしているに違いない・・、危機だ。

そういえば昨日私の家が出したごみ袋が少し開封されていたようだ、きっと町内のあそこにある「新興宗教組織」が私の日蓮宗を目の敵に一斉に捜索しているに違いない。
私の近辺のこのような状況を少しでも避けるために「組織的犯罪処罰法改正案」が必要だ。
大いに法案成立に向けて協力しよう・・・・

f:id:greengreengrass:20170513221910j:plain



 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」