紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は旧Blog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

また富山、そして只見線 その1

今回の青春18キップは念願の高山本線走破と、また富山そして只見線乗車で福島へ行った。
2月の富山では一面の銀世界(下記画像参照)を堪能したのだが、

f:id:greengreengrass:20170328081904j:plain


しかし今回はいくぶん春めいた富山だった。

f:id:greengreengrass:20170330185322p:plain

「富山から拡がる交通革命」を読みながらの列車旅。富山県全体の交通政策にも富山市長の意気込みが強く反映しているようだ。

037 富山から拡がる交通革命 | 新書 | | 交通新聞社オンラインショップ

旬の魚を満喫。それにしても我ながら富山が好きになったと思う。

f:id:greengreengrass:20170328082451j:plain

まず京都から米原、そして岐阜から高山線というコースを設定したが、当日京都駅に到着すると神戸で起きた事故により神戸から京都までが延着状態。一瞬焦った。
幸い時間には少し余裕があったので、遅れて到着した8時7分米原行き快速710Mに乗る。途中の能登川で後続の新快速3800Mに追い越されるとアナウンスがあり、能登川で乗り換えた。この新快速、米原到着予定は9時15分。そしてJR東海の列車「204F」は9時18分発。しかし3800Mは数分遅れていた。米原着が9時20分。ホームに着くと向いに停車していると期待した204Fは影も形もなかった。この数分をJR東海は待ってくれなかった。
 ホームにいた駅員(多分JR西の駅員)にJR東海はいつも待ってくれない?と聞くと。「そうなんです。JR東海さんは待ってくれません」との返事。
しかたなく前回は食べられなかったホームの駅そばで朝食をとり時間を過ごす。(なぜかWeb駅構内図には駅弁は載っているが駅そばは掲載されていない。不思議)
9時56分発の206Fで大垣まで。大垣で10時41分発2324Fに乗り換え岐阜へ10時52分着。
11時45分高山行き1717Cまで時間があったので外でコーヒーを飲んだ。
 ところで岐阜駅前には金ぴかの像がある。織田信長像とのこと。名古屋にあったなら名古屋らしいなと思うが、当地は岐阜だった。調べるとなるほどこの像には地元の経済界の下記思惑があるみたいだ。写真はその思惑に見事にはまった一枚となった。

JR岐阜駅前の「黄金の信長像」は誰が何の目的で建てたのか?写真を撮るとそのヒミツがわかる? | TOPPYの東海3県暮らし

f:id:greengreengrass:20170328105221j:plain

また岐阜にも連接バスが走っていた。

f:id:greengreengrass:20170328110657j:plain

f:id:greengreengrass:20170328111014j:plain

 岐阜からは高山線11時45分発1717C、高山着は15時26分。

f:id:greengreengrass:20170328183629p:plainf:id:greengreengrass:20170328111356j:plain

高山からは15時50分発1829D 猪谷着16時56分。
猪谷からは17時18分発871D 富山着18時18分 
岐阜10時45分発から猪谷16時56分着の間4時間11分で、抜かれる特急「ひだ」が2本、すれ違う特急ひだが8本計10本の特急ひだと行き違った。さすがJR東海は新幹線以外では高山線に力を入れていることが実感できた。もっとも高山線、岐阜(名古屋)-富山間で富山まで足を伸ばす特急ひだは半数の5本になる。残り5本は高山まで。
 さて富山である。
「氷見」、「高岡」、「富山」、「越中八尾」、「五箇荘」、「立山」、「宇奈月」、「剣」、「親不知」という名所に太刀打ちできるのは日本広しといえども京都そしてそれに次ぐ東京くらいしかない(だいぶ誇張ですが)。
 そして「富山湾寿司」「蛍烏賊沖漬け」である、向かうところ敵なし、の状況だ。私が富山にはまるのも止む無しだ考える・・・。(お土産にもつい、ホタルイカの沖漬けを買ってしまった)

女性の板さんf:id:greengreengrass:20170330190630j:plain

蛍烏賊の沖漬け

f:id:greengreengrass:20170330190711j:plain

刺身盛り合わせ(あじ・はまち・まぐろ)

f:id:greengreengrass:20170330190753j:plain

ぶり大根

f:id:greengreengrass:20170330190852j:plain

白エビのかき揚げ

f:id:greengreengrass:20170330190938j:plain

蕗の薹天婦羅

f:id:greengreengrass:20170330191049j:plain

ぶりあら入りの味噌汁

f:id:greengreengrass:20170330191140j:plain

県産日本酒飲み比べ

f:id:greengreengrass:20170330190523j:plain


今回立山連峰は雲に隠れて見えなかった。また今度。

きょうの決算
京都-富山 通常運賃 6260円

京都-富山 青春18きっぷ 2370円

差引 3890円 お得

また富山、そして只見線 その2 へ進む- 紙つぶて 細く永く

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」