読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

Eagles、Chicago & CCR

音楽 歴史
f:id:greengreengrass:20161102222753p:plain


昼休みにギターを抱えピックをつま弾いていた友人に、「HotelCalifornia」はいいね、と話すと間髪を置かず最初の6小節くらいを暗譜で弾いてくれた。
 彼は職場にギターを置き休み時間には必ず一人でピック練習をしていた。

Eaglesはアメリカ先住民の神話からその名をつけた伝説的バンド。代表曲HotelCaliforniaの歌詞には、ヘッド ウェイターにワインを頼むが、


We haven’t had that spirit here since sixty-nine.


「私たちは1969年以来スピリット=酒はここには置いていないんです」


Spiritには「酒精」と「魂」という意味がある。
1969年はウッドストック野外コンサートがあった年。そして、アメリカがベトナムから最初に撤退を始めた記念すべき年でもあります。

ベトナム戦争その1 - 紙つぶて 細く永く

また1968年に開催されたアメリカ民主党の大会はベトナム反戦運動の盛り上がりの中で大混乱となった。

大統領選の概略Wikipediaより当初は現職のリンドン・ジョンソン大統領が容易に民主党候補者指名を獲得するものと思われていたが、 ユージーン・マッカーシー上院議員がベトナムからの即時撤退を訴える反戦綱領を掲げて立候補し、次第に ベトナム戦争に反対する世論が高まり、反戦運動が高揚する中、マッカーシーは草の根レベルの広範な支持を得た。 そして最初の投票地ニューハンプシャー州予備選でまったく予想外の高い得票率でジョンソンに次ぐ2位につけ、ジョンソンを追い詰めたことでマッカーシーは事実上の勝利者としてメディアに扱われ、結果 「マッカーシー旋風」を起こした。 その後、ジョンソンは党の指名を求めないすなわち撤退を声明した。 そして「マッカーシー旋風」に触発され、ロバート・ケネディ上院議員(JFKの弟)が立候補を決断した。 ケネディマッカーシー同様にベトナムからの即時撤退を盛り込んだ反戦綱領を掲げ、マッカーシーを支持した層に食い込むと共に、 知名度と若年層の間での人気をてこに、マッカーシーと並び最有力候補に躍り出た。 そして、カリフォルニア州予備選で勝利を収め、指名獲得を確実にしたと思われた。その矢先、 カリフォルニア州予備選の勝利演説の場でケネディは、兄JFKと同様に暗殺された。 ケネディ暗殺後、党内の有力者を中心に急きょヒューバート・ハンフリー副大統領が有力視されるようになったが、 ハンフリーは副大統領としてジョンソン政権の一員であったため、党の多数を占める反戦派にとっては不満の残る選択となる。 8月26日から29日にかけてイリノイ州シカゴで開かれた党大会には、反戦運動家が多数集結し会場を取り囲んだ。 そして彼らは暴徒化し、リチャード・デイリーシカゴ市長の派遣した警官隊と衝突、流血の惨事となった。 こうして最悪の事態となった党大会で、ハンフリーは予備選挙での運動を行わなかったにもかかわらず、ケネディのあとを継いだジョージ・マクガヴァン やマッカーシーを破り、党の候補者に指名された。大統領選挙戦は当初、ニクソンの圧倒的リードでスタートした。 ニクソン公民権運動や反戦運動が暴徒化、過激化し違法性を強めることに対して、「法と秩序の回復」を訴えた。 さらにベトナムからの「名誉ある撤退」を主張し、これを実現する秘密の方策があると語った。 またジョンソン政権の国内政策、「偉大な社会」計画を批判した。 彼はこれまで民主党を支持してきた保守的な南部の有権者をターゲットにし、「南部戦略」を推進した。 対するハンフリーは、「偉大な社会」計画の継承を訴え、貧困の撲滅などの実現を主張したが、一方で外交政策ベトナム政策に関して政権から次第に距離を置き始め、遅まきながら批判的な姿勢に転じた。 ハンフリーは選挙戦が進むにつれニクソンに肉薄し、一時は支持率で逆転した。 こうして選挙戦は一転して接戦となった。

そしてChicago(注1)は「1968年8月29日 シカゴ、民主党大会~流血の日(1968年8月29日)」という曲を作った。
そして1970年CCRの「Who’ll Stop The Rain」ベトナム戦争(注2)で使用されたナパーム弾(注3)の落下を雨が降る様子にたとえている。
CCRでは「Long As I Can See The Light」も印象に残る一曲。こちらも塹壕の中の兵士の気分を歌った(とわたしは解釈)
混乱の中でロックは生まれる。

1968年大統領選結果
候補 政党 一般投票 得票率 選挙人
ニクソン 共和党 31,783,783票 43.4% 301人
ハンフリー 民主党 31,271,839票 42.7% 191人

一般投票の差よりも選挙人の差が格段に大きい。小選挙区もどきの選挙制度だから、どこかの国の総選挙結果と似ている。強いものはより強く、弱いものはより弱く反映されるんだ。この小差からいうと民主党候補者が「日和見でない」ハンフリー、もしくはユージーン・マッカーシーならば結果はどうなっていたことか。
 後に1974年、ニクソンは再選を決めた選挙戦の中で起こった、ウォーターゲート事件の責任をとり米国市場初の大統領任期中の辞任に追い込まれた。


注1)私はChicagoはプロテストロックの先頭を行くと理解していたがどうやら最近はソフト路線のようだ。
注2)当時各メディアでは「ベトナム動乱」と矮小化していたように記憶するが歴史の中でベトナム戦争に変わったようだ。
注3)ナパーム弾の充填物は人体や木材などに付着するとその親油性のために水をかけても消火が困難である。消火するためには界面活性剤を含む水か、ガソリン火災用の消火器が必要である。燃焼の際には大量の酸素が使われるため、離れていても酸欠によって窒息死することがある。

 

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」

 

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」