読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

そして未来8

録画で情熱大陸山中伸弥」を見た。東京大学名誉教授安藤忠雄氏が関西の財界人を集めiPS細胞研究所への寄付を募るそうである。5年間で4億円という目標らしい。
番組では研究所のスタッフは期間契約の職員が多く長機関にわたる研究では慣れた人が変わらざるを得ないと嘆く。日本とアメリカのシステムの違いも取り上げられた。

あかつきが金星周回軌道に無事入った。JAXA広報部によると、一度軌道投入に失敗した惑星探査機が再び目的の観測に「復活」するのは聞いたことがないという。成功した理由について中村教授は、主エンジン以外に破損がなかったことや、四つの姿勢制御エンジンの性能が整っていたことを挙げ、「非常に丁寧につくられていた」と関係者をたたえた。

f:id:greengreengrass:20151210150546j:plain


国民政治協会の資料では近年はおおむね年間17億円前後の献金(法人・団体献金が約16億円、個人献金が約1億円)を集め、そのうち約12億円を自民党本部に寄付している。wikipediaから

総務省はこのほど、政党助成法に基づき2015年分の政党交付金の交付額を決定した。
それによると、自由民主党は170億4,900万円で3年連続のトップとなり、同制度を開始した1995年以来、過去最多となった。
2015年分政党交付金決定額(出典:総務省Webサイト)
自由民主党は170億4,900万円
民主党は76億6,800万円、
公明党は29億5,200万円、
維新の党は26億6,400万円、
次世代の党は5億6,100万円、
社会民主党は4億7,000万円、
生活の党と山本太郎となかまたちは3億3,100万円、
日本を元気にする会は1億1,900万円、
新党改革は1億400万円、
太陽の党は9,300万円となった。

総額は320億1,400万円。(マイナビニュースから)

先日の投書欄で読者から「政党交付金政治献金額をマイナスして提供するよう」に提言があった。

消費税アップに伴い自公の食料品の軽減税率を巡っての交渉がニュースとなっている。エンゲル係数(なつかしい思いがする単語だな)が大きい低所得層の負担を軽減する目的で、生鮮食料品と加工食品の線引きについての交渉らしい。ハンバーグ単品なら生鮮食品、ハンバーグ弁当なら加工食品というようなことになるらしい。
しかし、近くの独居老人宅ではまいにち弁当の配給?を受けている。究極のエンゲル係数でいえば食品全部が対象にならなければおかしい。

(われわれが代議を託した選良により)「非常に丁寧につくられていた」日本が壊れてゆく。

 

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」

 

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」