読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

遅まきながらホームページを作成しようと考えた3 xamppをインストールしたが起動しない

作成しているHPにsendmail機能を実装するためにxamppを使用することになった。
そこで以前(windows8.1のときに)xamppをインストールしていたことを思いだし、念のため確認した。プログラムのアンインストールにも出てこないしCドライブにも残っていない。
そこで改めて再度ダウンロードを済ませ、インストールしてみた。ところがapacheが起動しない。なぜだろうとWebで検索。主な原因はapacheが使用するポートが80番なのでこのポートをskypeが占めていることが多い、とあった。確認するがskypeは削除しているので問題ないしポートを調べたがapacheが使用していることになっている。
Web解説による他の原因はインストールがうまくできなかったというもの。そこでアンインストールの上で再度インストールを行った。

よくよく考えると込み入った経緯をたどっていることを思いだした。というのは上述した以前のインストールもあったのであるが、先日からcgiファイルの作成で、perlをインストールしていた。そのマニュアル本にapacheの使用を解説されていたのでapacheをインストールしていた。(そうなんですこれが原因でした)
しかしそのことを失念していた。Webの他のページを探ってみた。ありました下記のページに同様な記事が出ています。

何故?XAMPPのApacheが起動しない?

f:id:greengreengrass:20151111210949j:plain

何故かはわからないが、一度apacheをインストールするとポート80を使用するhttpd.exeが走りこれは占拠し続けるということなのか。例えばxamppをアンインストールしてもポート80にはhttpd.exeが占拠する状況が続く。つまりこのhttpd.exeは旧xamppをアンイストールしても残るということ。新しくxamppをダウンロードインストールしても旧xamppのhttpd.exeが残っている以上このポート80は使えないということになる。(念のためxamppの中にapacheやperlも含まれています)このhttpd.exeを解除すれば問題なくあたらしくxamppがスタート=起動する。これでCGIファイルが働く土俵の半分が完成した。

 

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」