紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は旧Blog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

気に食わない面々、で

現代の社会を、二十世紀の堕落と呼んでいた。そうして、これを、近来急に膨張した生活欲の高圧力が道義欲の崩壊を促したものと解釈していた。またこれをこれら新旧両欲の衝突と見なしていた。最後にこの生活欲の目ざましい発展を、欧州から押し寄せた海嘯と心得ていた。
 この二つの因数は、どこかで平衡を得なければならない。けれども、貧弱な日本が、欧州の最強国と、財力において肩を並べる日の来るまでは、この平衡は日本において得られないものと(略)信じていた。そうして、かかる日は、到底日本の上を照らさないものとあきらめていた。だからこの窮地に陥った日本紳士の多数は、日ごと法律に触れない程度において、もしくは、ただ頭の中において、罪悪を犯さなければならない。そうして、相手が今いかなる罪悪を犯しつつあるかを、互いに黙知しつつ、談笑しなければならない。(略)人類の一人として、かかる侮辱を加うるにも、また加えられるにも堪えなかった。
-夏目漱石「それから」-
(略)の部分をご自身の名前にかえると少しスカッとします。