紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は旧Blog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

カラマーゾフの兄弟

カラマーゾフの兄弟 再登場
二度三度読み返した人もいるようだ。
イワンの虜になった。
イワンとアリョーシャ、イワンに魅かれるということは、読み込みが足りない証だそうだ。
著者が「私の主人公」というほど肩入れしている、アリョーシャ・・

第二の小説で本当の意味の主人公になる。
死刑囚としての経験がある「ドストエフスキー」が描くわが主人公アリョーシャは
十二人の使途を従えた皇帝暗殺者となるのであろうか・・