紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

裏切ったのは誰か

本日20011年3月6日「海炭市叙景」映画を連れ合いと見た。
連れ合いの感想は「日本の中でいろんな人がいろんな生活をしているんやね」というものだった。

昨日、Webで「海炭市叙景」を上映している映画館を探し、大阪近郊の「T」セレクトシネマで上映していることがわかった。
朝の定例のTV番組を見終わって、快速に乗って出かけた。
「上映5分前に、入場となります」という映画館の案内で一旦、昼食へ。
歩いた、「T」市を散策したのは初めて、「いい街やね」という感想をもち、結局近くの回転寿司で俄かな昼食を済ませ、(これがなかなか美味かった)そして一目散に「T」セレクトシネマへ駆けつける。
多分人気なのだろう上映前には数人の列ができている。
「海炭ドックの人員整理」をテーマしたに映画が上映される。

映画は原作の叙景をよく表している。
好きな役者の好演に恵まれて感動、(多分)函館市民のエキストラも自然な演技こちらは監督・演出の力か以下のブログでエピソード満載
     http://thaterkino.blog136.fc2.com/
(物語の筋は小学館文庫でお読み下さい)

f:id:greengreengrass:20160116094828j:plain


いま(20011年3月6日)、ニュースで前原外務大臣の辞任を伝えている。
民主党政権の交代になる事態、この叙景の中で、自民党政府時代に何をやったのか聞きたい。特に自民党の役職にいる、石原幹事長、小泉の後釜になった子小泉に言いたい。

「間接税は導入しない」
(物品税等「小型」間接税は存在していたので、定義の上でいうと実施されたのは大型間接税。名称は「消費税」:消費税ノットイコール間接税という詭弁)と時の権力者がいった選挙あとで、「大型間接税」を実施したのは正しかったのか。
「核もちこみは核もちこみに非ず」
「1000カイリ先の海域で、日本の航空機や艦船が米軍の手足となって動くのは[海外派兵]に非ず」

そうだよ。[間接税]が一(いち)で[実施する]が一(いち)、足して二
二は一に非ず、ゆえに間接税は「間接税は導入しない」にあらず。
自民党政治はこの伝である。

夢からさめて、朝の新聞を見ると、ニューヨークタイムズの社説があってその中の一句がめにとまった。
「But the most profound crime is vaiolation of trust and confidence
しかし、いちばん深刻な罪は、信頼を裏切ったことだ。
以上加藤周一-白馬は馬に非ず-

裏切り続けたのは貴方たちだ。

 

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」