紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は旧Blog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

弾丸小旅行

日曜日は「遠くへ行きたい」を毎回見ることにしています。昨日1月9日日曜日は(待ってました)「金沢」でした。
もう何回となく入っている街ですが、今回も懐かしい名所や近江町市場の風景が頭をよぎり、「そうだ金沢 行こう」となりました。
こんな急支度でもあり、列車ではなく愚息が最近買い求めた三菱製4WD車で一目散に高速道路へ。
幸い日曜日とあって高速料金は金沢まで千円です。

例の蕎麦屋で昼食をとりその後一路高速で北陸道へ。

途中何度も携帯電話で現地の気象を調べ、本日は午後曇りのち小雨で夜6時以降は雪の確率が高くなるとのこと。
(また、8時頃は再び雨になることも記載あり)これは行けると、気分もよく北陸道をひた走り。
予報どおり途中は小雨から、ザーと窓をたたく雨。
「オートワイパーは便利やな」という暢気な会話も交わしていました。
飛沫を上げる日本海の荒波を眺め数時間かかってやっと、金沢香林坊着。
駐車場に車を止める4時半頃にはほぼ空も暗く、雨は止まず。「まあいいか、この近くを散策でも」と考えましたが、そこはそれ、日ごろの貧乏性が首をもたげ、駐車場の無料時間までに切り上げようとなり、結局1時間の散策。
「109」をウィンドウショッピング(これはいまとなっては金沢まで行ってする意義が全くなかったと思う)大和デパート地下で土産物店を物色 かってここで暮らした母への土産にと、「不室屋」の「宝の麩」「かしわの治部煮」「加賀なま麩」「生麩まんじゅう」「俵屋」の「飴ん子」「棒つき飴」「俵っこ練乳」を買い求め、期待通り駐車場無料の時間内に出発帰路に着く。
ガソリン代金やみやげ物代金を負担しない私がハンドルを握ることになり、
5時半に地下駐車場からそとへ出てみると、大きなボタン雪が舞っている。急いで帰ろうと再び北陸道に。
しかし行きと違って日本海は何も見えず、ただ大きな雪が舞うばかり。
日本海沿岸を数十キロ走る間に雪はさらに激しく降り、車内の会話も凍ったよう。
道路上は車線区分もわからないくらいの積雪で、しかも途中滋賀県にかかるところは「チェーン規制」との案内がカーナビにも高速道路表示板にも表示され、「これは行くところまで行く弾丸小旅行」と口ずさむ。
福井県内では道路上に雪の無いところも少し見受けられるものの、反対車線には除雪車の一隊がチェーンの音を軋ませて通り過ぎる。
車内には何故かカーナビから「平原綾香・威風堂々」が・・、これも意識を鼓舞するための天の配財か。
さらに道路上の雪は厚みを増し一面は白一色。窓に当たる雪も視界をさえぎり前車のテールランプだけが頼り。
そして追い越し車線をはしる車は少なく走行車線を一列渋滞でひたすら前車のテールランプを頼りに、走ってゆく。中に慣れない車がかなり遅い速度でのろのろ走ると、どうしても前方の車のテールランプを目指して追い越しをする。
追い越しをすることも数回、前車のテールランプを確認しては前かがみでハンドルをぎゅっと握る。

こんな状況で走ること3時間やっと滋賀県「神田PA」に到着。全員トイレに行き、やっと一息。
結局チェーン規制でチェーン点検されることもなく区間は通り過ぎました。
ここからは快適な走行で気苦労も無く無事帰宅できました。

(実は車は買い求めたばかりでノーマルタイヤだったのです

f:id:greengreengrass:20150613075750j:plain