紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は旧Blog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

現実政治

聖人は善を行います。悪魔は悪を行います。どちらも言行一致、
たてまえと実際があよく合っています。
そこで聖人の政治か、悪魔の政治か、というふうにものを考えるのは
危険きわまりないことで、聖人の政治は行いがたいという事実のある
以上、政治はどうせ悪魔の仕事だという結論に飛躍しがちでしょう。

「条約は一枚の紙にすぎない」
「力のほかに相手を説得する言葉はない」
「大切なのはたてまえではなくて、実行である」
ということになります。
これがヒトラー(1889-1945)です。(注1)
堯・舜(中国古代の聖天子)でなければヒトラー、ではこまる。
堯・舜でもなくヒトラーでもなく、たてまえをいちおう尊ぶが、
実行はかならずしもたてまえどおりにゆかない、
「言行不一致」「偽善」「不実なアルビオン(イギリス古名)」(注2)
これが現実の政治に望み得る最上のものではないでしょうか。
-加藤周一「読書術」より-
        (注1 56歳で死去)
        (注2 [Albion]古くはブリテン島の古名であり、雅名。
        近世には、イギリス人およびその国家の異名ともなった
          http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%AA%E3%83%B3