紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

ノーベル平和賞

劉暁波(リウ・シアオポー)氏がノーベル平和賞に選ばれた。
授賞式での受賞者の空席が結果として三つの事実を浮かび上がらせた。
   まず小国ノルウェーの事実を見る目の確かさその信念
   劉暁波(リウ・シアオポー)氏の祖国を愛する大きな心と強い信念
   そして大国中国の13億人の国民を強権で統括することの難しさ、いやそれが不可能なことを証明した
   
歴史は、一人の劉暁波(リウ・シアオポー)氏と対峙し見事に惨敗した現中国政府を記録に残す。
再び掲載する
「1968年の夏、小雨にぬれたプラハの街頭に相対していたのは、
圧倒的で無力な戦車と、
無力で圧倒的な言葉であった。
その場で勝負のつくはずはなかった。」
  加藤周一著 -「言葉と戦車」-

Photo