紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

名誉

●●●様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、
心からご冥福をお祈りいたします。「京都市長
こんな電報を聞いて、感動する人がいるのだろうか?
規定できまっているから送っておくという建前路線
いままでこの規定で何人と送っているのだから、送らないと不公平
になる、
感動は、置くとして何人かの耳には名前が入ることもある
「オクットコ」で決定
ということかもしれない。
あるいは当の京都市長もご存知なく既定の路線で担当部署が
自動的に決定し、送られているのかも。
こんな、偽善首長あるいは偽善を許す首長は次回選挙で選ばない
でおこう。
いまの行政にはわずかといえども無駄はゆるされないのではないか。

また、よりによってこんな電報が真っ先に読まれる風習が日本
にはある。
すでに魂は千の風にのって旅をしているというのに・・