紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

今日の言葉

ベルギー製の一口噺
「あるとき、ベルギーの酒場に二人のオランダ人がやってきて、やがてけんか
をはじめました。店の主人が割って入りわけを聞くと、支払いのことだ、という。
どちらがカネを払うかということでもめているという。
じゃ、私が仲裁しましょう、と主人がいって、水を満たしたバケツを二つ持って
きて、”顔を浸けなさい、早く顔を上げたほうが支払うんです”ということにし
ました。オランダ人たちは、従いました」
そのあと、どうなりました?
「二人とも死にました」」

オランダ製の一口噺
世界一薄い本が、二つあるんです。一つはドイツ人のユーモアの本で、
ひとつはベルギーの歴史の本です。
(国家としてのベルギーの独立は1830年 日本なら江戸末期天保元年)

by 司馬遼太郎
(オランダ、ベルギー、ドイツは国境を接している)