紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は旧Blog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

プレーボール前の甲子園

暑い夏の代名詞のひとつ「高校野球」が近づきました。喧しい某甲子園本拠地の
プロ球団の応援もうっとうしいですが、始まりもしていない高校野球について
某新聞を中心に盛り上げの激しいことこの上なしです。
見るに耐える試合がより少ないという点からも地方予選を掲載する必要性は
ほとんど無いくらいですが紙面にのる各チームの勝ち負けに関係しない
「善意の集団」記事はなんでしょう。
部数確保という点からも営業的記事になるのでしょうが、市民はもっと賢いで
しょう。
このような編集方針では、部数増はとても望めませんね。すでに新聞の全盛期
は終わりの始まりを迎えています。
(本当は各社各職場で行われている「高校野球優勝チーム予想トトカルチョ
 を掲載したい記者がいるのでは?)