読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 9

当然ながらかっては旧国鉄路線全線を日本国有鉄道1組織で運行していた。 国鉄改革は表面的には公社:国鉄としての巨額すぎる赤字の払拭を国鉄を分割することにより、分割で誕生した各社の競合による競争意識を作ることにより、サービスの向上と赤字体質から…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 8

前回「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 7」 以下 鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 7 - 紙つぶて 細く永く で取り上げた「おいこっと指定席」は旅行代理店で購入することができた。JR西日本のみどりの窓口でのマルス端末では発券できなかった回数…

なぜか富山 下

海王丸公園での寒さに震えながら、海王丸駅で万葉線を待った。海王丸から一駅先が終点越ノ潟で、万葉線はここで折り返し運転となる。この付近万葉線は単線で少しでも暖をとるために、上り下りどちらか早く来るほうに乗ることにした。この辺りが乗り放題にな…

なぜか富山 上

昨年12月から1月いっぱいほぼ休みなしだったので、ご褒美と称してなぜなのか富山一泊二日に出かけた。 そして今回の主目的は富山湾鮨とシーズンにはなかなか宿が取れない越中八尾、それもまさに季節外れの諏訪町散策。 富山湾鮨は下記の車両中吊広告に魅せ…

2017年青春18きっぷ春・夏・冬要項発表

待望の青春18きっぷ2017年要項が発表された。今年こそ北海道一周を・・といまさらながら思う。少し発表が遅れまさか今年はなし・・なんて不安もあったがこれで一安心* 玄関から駅への最初の一歩を踏み出そう 詳しくは下記から www.jrhokkaido.co.jp /…

一日青春18きっぷ -恐竜博物館-

2枚残った青春18きっぷをどうするか考えているときに、孫が恐竜博物館へ行きたいと・・そこで残っている青春18きっぷを使って、孫二人を連れ福井恐竜博物館へ出かけた。京都駅8時15分初の新快速敦賀行き320M。 湖西線経由で敦賀へは直通。途中近…

一駅だけ運行の列車そして最長距離普通列車

以前日本一長時間走る各駅停車にのりたいと調べたが、昨年日本一長い距離を走る各駅停車が少し足を伸ばした。走行距離384.7km 走行時間は7時間33分 注)最長時間(8時間27分)運行の普通列車根室本線の2427Dは現在2016年から台風によ…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 番外6 V字旅行終

旅の4日目外房東金での朝日撮影は悪天候で叶わなかった。 * 本日の宿、目的地は焼津。ここ東金からの距離を考え東京を避けた。また名古屋から未乗車の関西線経由をとも思うので、少しでも近づこうと考えた。安房鴨川から館山、東京経由で東海道線、そして…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 番外5 V字旅行2

旅の続き今回泊まった宿は野沢温泉にある「もみの木」 民宿とペンションを足して3で割ったような宿。つまり民宿に近いという風情であった。 女将によるとこの日の雨で、12月23日連休の初日ということで満室であった予約はほとんど解約され、クリスマス…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 番外4 V字旅行1

おいこっと3号に乗車した。「おいこっと」とは東京のアルファベットTokyoを逆「OYKOT」に読んだ。つまり東京=都会にはない環境を味わっていただこうということなのだ。 今回の青春18きっぷでの旅は川崎から長野野沢温泉、千葉東金「サンライズ…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 7

今回はJR各社の連携について考えてみる。もちろんJR路線は日本各地へレール間隔1067mmでくまなく続いている。JRの境界で分断されているのではない。分断されているのは新幹線だ。その連続している路線を6社に分けて、かつ新幹線だけを分離しな…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 6

少し日本の鉄道路線とその利用について考えよう。主に世界の鉄道で採用されている鉄道利用集計は何人の乗客がどれだけの距離を乗ったかを積算する。つまり乗客数とその乗った距離の掛け算を集計し人キロという単位になる。この集計では長距離路線を保有しそ…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか番外3

甲府は市街が新しく装いを変えているようだ。建物道路が新しい。しかし県立美術館は少し離れた交通渋滞の地域だった。 訪れた日は特に雲が美しかった。 * 甲斐の国と駿河は富士の美形を争った。宝永山ができ駿河・静岡からは山容が変わったので美形が崩れた…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 番外2

JR秋の乗り放題パス二日目小諸の宿は小諸グランドキャッスルホテル(略称KGC) 予約時は遅く着く予定だったので夕食なしの予約をしていたがコース変更で到着時間が早くなったので夕食付きに変更した。 このホテルの夕食はバイキング。最近この形式をと…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 番外1

JR秋の乗り放題パス(以下参照)を使った。 http://railway.jr-central.co.jp/tickets/autumn-pass/名古屋から信州小諸、そして甲府、身延線で富士経由東海道線を回るコース。 ごやっかいになっている「Jordan青春18きっぷ検索」では当然JRの路…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 5

鉄道の社会的価値という研究がある。鉄道が走ることにより、社会的にその効果が波及するという研究。よく対比されるのは鉄道と自動車の比較による社会的費用の算出である。 まず自動車には燃料の面から「温暖化」「原油依存」、走行面から「大気汚染」「混雑…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 4

下記は日本の輸送機関別二酸化炭素排出量割合をグラフにしたもので圧倒的に自家用自動車が高比率を占める。出典 http://sakam21.justhpbs.jp/kankyo/grad/fr/fr-g12.htm また単位輸送量(人キロ)当たりの二酸化炭素排出量も鉄道が群をぬいて優れている。環…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 3

交通系のICカードはソニー製のFelica(フェリカ)という素材が使用されてつくられている。フェリカには改変できない「出荷鍵」という唯一無二のID番号が割り振られている。したがって世界のどこで発行されようと同じカードは存在しない。またフェ…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 2

日本では外国からの観光客に向けてジャパンレールパスなるものがある。 JAPAN RAIL PASSとは? | ジャパン・レール・パス | JAPAN RAIL PASS ジャパン・レール・パスは、JRグループ6社が共同して提供するパスで日本中を鉄道でくまなく旅行して回るのに最も経…

鉄道運賃はこのままでいいのだろうか 1

「狭い日本そんなに急いでどこへ行く」という標語があったが、各地で新幹線なるものができ旧来からあったJR各線のネットワークがズタズタになってきている。 新幹線ができると並行して走る在来線の採算を取ることが難しいという理由で、JRは在来線の経営…

青春18切符での出会い

友が亡くなった。私など比べ物にならない毀誉褒貶の生涯だった。ここ数年はO県から青春18きっぷでやってきて出会うことが何よりのかつ少ない楽しみであった。いつもは携帯電話で出会う日程を打ち合わせるのだが、この青春18きっぷシーズンには電話がなか…

また再びの東北 付録 鹿踊り

岩手県には広く郷土芸能鹿踊りというものがある。花巻駅ホームに「鹿踊りの由来は、浄土教の普及を志す空也上人が衆生済度のため、深山の小庵に篭って勤行三昧の日々、小庵の囲りに来て遊ぶ鹿の群れがありました。そのうち猟師に撃ち殺された鹿の弔い供養の…

北海道新幹線 青春18きっぷ特例!

新聞記事よりJR各社の普通・快速列車が乗り放題の「青春18きっぷ」が3月26日から、北海道新幹線の青函トンネルを含む一部区間で利用できるようになる。JR各社が5日、発表した。「オプション券」の購入が必要だが、18きっぷで新幹線に乗れる仕組…

また再びの東北 4

釜石鵜住居(うのすまい)町の宿から釜石駅までの送迎車で同じく駅まで行く2名と相乗りとなった。流れゆく風景を見ながら運転手の方に震災当時の様子を聞く。誰ともなく寡黙になる。女将の武勇伝に少し明るいムードを感じながら、中の一人がより詳しい取材…

また再びの東北 3

二日目の宿を釜石にとったので平泉から釜石に向かう。宿・宝来館はこの4月に改装が終わり新しくなったそうである。従業員のかたが津波を撮った動画下記URLが公開されている。https://www.youtube.com/watch?v=XCMxIPHvMAY*この宿の女将は一度は避難場所と…

また再びの東北 2

翌日は盛岡から釜石へ。盛岡釜石間は直通で行けば2時間足らずなので、途中平泉中尊寺を拝観、JRでは盛岡-花巻-平泉-花巻-釜石。もちろんこのコースでは青春18きっぷを使う。通常なら区間運賃は4080円 青春18きっぷ一回分は2370円になる。…

また再びの東北 1

12月20日から東北に行った。今回も青春18きっぷでと考えたがふとJTBから1泊4日、つまり一泊の宿を決めるがあとはお好きにというツアーがあったので2回目の東北新幹線を利用した。盛岡から角館、平泉そして釜石から花巻といわば「東北真ん中紀行…

何故か、ニコライ堂

今夏も青春18きっぷを使った。なぜかニコライ堂だった。司馬遼太郎・街道を行くの影響かな・・ * * * // REMEMBER3.11

18きっぷ「青函トンネル特例」なくなる

最初は安いからという理由で乗り始めた。何しろ東京まで新幹線だと一万四千円かかるところを、青春18きっぷでは2300円(当時:現在は2370円)で行けるのである。時間さえいとわなければ格段に安くなる。自宅をでてから各駅停車を乗り継ぐこと8回…

雪の津軽Ⅴ章

田沢湖が豪雪だった。 今回の東北では秋田での宿選択に苦慮した。角館も考えたが到着時間が夕方になるので街歩きを考えると2泊になる。角館は次回の楽しみにと今回は他を探した。そこで大浴場で検索をかけ「ホテル森の風・田沢湖」となった。田沢湖駅からの…

雪の津軽Ⅳ章

リゾート白神は五所川原から鰺ヶ沢、そして日本海を舐めるように進む。途中千畳敷では小休止と車掌の案内があり、いわば列車は「臨時停車」で乗客はフリーで近くの「千畳敷」に向かう。多くの人が「バシャバシャ」と写真を撮る。私も・・*その一枚 *「艫作…

雪の津軽Ⅲ章

小樽から函館経由 スーパー白鳥38号で青森の宿には夜7時台についた。荷物を下ろし、夕食に出かけた。ホテル推薦の鮨屋「大黒寿司」店に入ると威勢のいい「らっしゃい」の声で大将の前のカウンターが指定された。80歳近くではあろうか、その大将がぎろり…

雪の津軽Ⅱ章

12月29日小樽GrandParkHotelのバイキング朝食は会場一杯のひとだった。以前「飯田線の旅」駒ケ根では朝食が遅くなり予定列車に乗れず失敗したが、今回小樽築港駅からの列車は7時55分発。朝食時間を計算し6時30分に朝食会場へ入った…

雪の津軽Ⅰ章

2014年12月は月初めから多忙だった。多忙の中なぜか雪を見たいと津軽を目指した。津軽の雪とくれば津軽鉄道ストーブ列車だ。ストーブ列車のダイヤに合わせて計画をする。年末の休暇を利用するので日程は4、5日可能。しかしJRそれも青春18きっぷ…

JR秋の乗り放題切符で飯田線経由長野から富山、金沢一周の旅 その3

富山の宿は富山駅から路面電車で3駅のロケーション *宿には大浴場があり、湯船から立山連峰が見えるといううたい文句であったが、あいにく曇天で立山連峰は見えず。しかしゆったりできる風呂は旅の醍醐味でもある。 *翌日は富山ライトレールで富山港へ *…

JR秋の乗り放題切符で飯田線経由長野から富山、金沢一周の旅 その2

駒ケ根の宿は「早太郎温泉」というがぬるっとした十分あったまる温泉で、平日でもあってゆっくりとすごせた。しかし例によって夕食の量が多い。少し食べ残し終わったとおもったところ「まだ寿司があります」とのこと。部屋へ持ち帰ったのはよかったが、すぐ…

JR秋の乗り放題切符で飯田線経由長野から富山、金沢一周の旅 その1

JR秋の乗り放題切符で飯田線経由長野から富山、金沢一周の旅朝7時京都出発米原経由、豊橋まで行きそこで飯田線に乗り換え。駒ケ根駅まで行く。京都駅で時間に余裕があるが、乗り換えの米原・大垣・豊橋ではそれぞれ6分以内の乗り継ぎ時間。豊橋から乗る飯…

豪雨の中 尾瀬

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2014夏」今年の梅雨はまだ明けていない?としてもおかしくないくらい雨が多い。この夏豪雨の尾瀬に行きました。 // // REMENBER3.11

鎌倉第二幕

初めての円覚寺は真っ盛りの夏に負けない静けさが大変良かった。帰ってから同僚に江の島に行ってきたと告げたところ、湘南へ泳ぎにいったと勘違いされた。多くの人の評価はそうかもしれないが、酷暑の中の「円覚寺の静けさ」は特筆すべきと感じる。*そして…

鎌倉第一幕

7月になって、8月の盆休みが9日間とわかった。丁度夏休みの「青春18キップ」期間でもあり出かけない手はないと思った。そこで急きょ青春18キップの旅「鎌倉」です。*最寄り駅から1時間米原着8:30 ほぼ満員で座れず8:33米原発-大垣着9:05 座席確…

立山3

第2日みくりが池温泉を7時過ぎに出発。朝室堂バスターミナルまでの道は凍結であった。宿のフロントに簡易アイゼンを求める人もあった。しかしスニーカーで大丈夫だろうと出かけた。途中少し滑りはしたが無事室堂ターミナルに7時30分到着。昨日立山駅では…

立山2

立山室堂「みくりが池温泉」はもっとも高所にある天然温泉がうたい文句。交通手段が手軽に利用できることから利用客は多数の「観光客」と雄山まで行く本格的登山客が少し10月18日は本年の初冠雪となり、私達を含め遅まきながらの紅葉狩観光客は、その雪…

立山1

各駅停車の旅秋篇です。今回は10月14日の「列車の日」に合わせて発売された「JR秋の乗り放題キップ」の旅。目的地は富山県立山の紅葉鑑賞です。通常は検索サイトで「最寄り駅」-「富山」と列車検索をかけるのですが、その検索では最寄り駅8時21分発…

東北の旅 メモリアル

東北メモリアル* * * 石巻線1639D http://www.youtube.com/watch?v=3yZTHufvQwA* 奥羽本線と平行して走る秋田こまち* 五能線岩館十二湖間*

東北2回目の旅 その4

東北2回目の旅 その4回目そして秋田から新庄に20時44分に着いた。駅で様子を伺うと山形まで正に「かろうじて」動いているらしい。山形まで行くことにしたが先日の信号機故障の影響で時間が定まらない。とりあえず東京に近づこうと山形行きの列車に乗った…

東北2回目の旅 その3

東北2回目の旅 その3となる。五能線「艫作」(へなし)から弘前へ向かう。岩木山を中心に円弧を描きながら列車は進む。中でにぎやかな4人組のおじさん達が同行であった。共に名古屋の会社で働いていたがリタイヤし毎年のように同窓会を開くとのこと。車中で…

東北2回目の旅 その2

肘折温泉は芥川賞小説「月山」の舞台である。http://greengrass.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/02/昨年の鶴岡=藤沢周平についで山形文学史の旅である。当時盛んにテレビに駆り出されていた朴訥な森敦の話を昨日のように思い出す。今年の東北は梅雨の名残?が強…

東北2回目の旅 その1

7月20日から早い目の夏休み。昨年に続き東北へ出かけた。今回も青春18キップで各駅停車の旅。今回の行程は、最寄り駅-(東海道線)-厨子-(新宿湘南ライン)-新宿-(東北本線)-福島-(奥羽本線)-山形・新庄-(奥羽本線)-(五能線)-ウェスパ椿山-(…

東日本を訪れる 了

石巻から小牛田そして夕闇の松島を垣間見て仙台に着いた。仙台駅近辺で夕食をとろうと構内を少し歩いた。東日本震災から1年半近く経つが、駅構内の交番に行方不明者の掲示があった。思えば、いまだに3千名近くの方が行方不明なのだ。 歩いてみると市内道路…

東日本を訪れる6

鶴岡を出発し東北横断です。朝8時過ぎ鶴岡駅案内所「みどりの窓口」で気仙沼まで行けるかと問合せした。なんなく時刻表を確認し「行けますよ」との返事。丁寧に乗り継ぎ列車の時刻表を印刷し手渡してくれた。陸羽西線で新庄、新庄から陸羽東線で小牛田(こ…

 

 

REMEMBER3.11

不断の努力「民主主義を守れ」