紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

また富山、そして只見線 その5終

会津は福島である。東日本大震災そして福島第一原発事故の福島である。私はそれが分っていて、福島を訪れたのではなかった。只見線を乗り継ぎ線路の終着として福島を訪れた。*会津(岩代)はある意味怒っている、ことを発見した。 会津電力の設立趣旨書2011…

また富山、そして只見線 その4

只見線はガタゴトとのんびりした音を立て、山岳地域から会津盆地に入った。只見線は会津で終わる。 盆地ではやや速度を速め目的地会津若松を目指した。その会津若松はお殿様の雰囲気がいまだに漂う歴史を抱いた町だった。 当初会津若松ではただ泊まるだけを…

また富山、そして只見線 その3

北信越や北海道はもちろん雪が多いところと思うのだが、調べれば、只見線沿線は日本有数の豪雪地帯でもあった。 今年4月13日午前4時の(なんとリアルタイムな数値を気象庁はupしているのだなあ)累積降雪量は桧枝岐が第二位1338cm、只見町が第三…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 10 交通権とは

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 国土交通省に「わが国における交通基本法と『交通権』の位置づけについて」という文章がある。これは「交通権」というものについて国としての意気込みを語るもの…

また富山、そして只見線 その2

二日目は富山から、あいの風とやま鉄道そしてえちごトキめき鉄道で直江津、そして只見線乗車。直江津まではいわゆる第三セクター路線。 この区間は青春18きっぷが使えない。 読みにくい官僚文章だが、概略抜粋すると以下のように書いてある。 青春18きっ…

また富山、そして只見線 その1

今回の青春18キップは念願の高山本線走破と、また富山そして只見線乗車で福島へ行った。2月の富山では一面の銀世界(下記画像参照)を堪能したのだが、 しかし今回はいくぶん春めいた富山だった。 「富山から拡がる交通革命」を読みながらの列車旅。富山…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 9

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 当然ながらかっては旧国鉄路線全線を日本国有鉄道1組織で運行していた。 国鉄改革は表面的には公社:国鉄としての巨額すぎる赤字の払拭を国鉄を分割することに…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 8

前回「日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 7」 以下 日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 7 - 紙つぶて 細く永く で取り上げた「おいこっと指定席」は旅行代理店で購入することができた。JR西日本のみどりの窓口でのマルス端末では発券できなかった…

なぜか富山 下

海王丸公園での寒さに震えながら、海王丸駅で万葉線を待った。海王丸から一駅先が終点越ノ潟で、万葉線はここで折り返し運転となる。この付近万葉線は単線で少しでも暖をとるために、上り下りどちらか早く来るほうに乗ることにした。この辺りが乗り放題にな…

なぜか富山 上

昨年12月から1月いっぱいほぼ休みなしだったので、ご褒美と称してなぜなのか富山一泊二日に出かけた。 そして今回の主目的は富山湾鮨とシーズンにはなかなか宿が取れない越中八尾、それもまさに季節外れの諏訪町散策。 富山湾鮨は下記の車両中吊広告に魅せ…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 番外3

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 甲府は市街が新しく装いを変えているようだ。建物道路が新しい。しかし県立美術館は少し離れた交通渋滞の地域だった。 訪れた日は特に雲が美しかった。 * 甲斐…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 番外2

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 JR秋の乗り放題パス二日目小諸の宿は小諸グランドキャッスルホテル(略称KGC) 予約時は遅く着く予定だったので夕食なしの予約をしていたがコース変更で到…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 番外1

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 JR秋の乗り放題パス(以下参照)を使った。 http://railway.jr-central.co.jp/tickets/autumn-pass/名古屋から信州小諸、そして甲府、身延線で富士経由東海道…

18きっぷ「青函トンネル特例」なくなる

最初は安いからという理由で乗り始めた。何しろ東京まで新幹線だと一万四千円かかるところを、青春18きっぷでは2300円(当時:現在は2370円)で行けるのである。時間さえいとわなければ格段に安くなる。自宅をでてから各駅停車を乗り継ぐこと8回…

東博(東京博物館)へ

尾瀬の帰りにJRで沼田から渋川まで、そして水沢うどんを食べた。なんでも日本三大うどんのひとつなのだそうだ(ちなみに讃岐うどん・稲庭うどんそして水沢うどん)。大きな講堂のような部屋で大勢が一斉にうどんをすする、もちろん一斉ではないがそのよう…

再度の尾瀬

OCNブログ人終了に伴って移動してきました/元ブログhttp://greengrass.blog.ocn.ne.jp/ *30年ぶりに7月中旬の連休に尾瀬に行った。東京から上越線で沼田、沼田からバスで大清水へ。このバスの路線が長い。乗車時間約1時間30分。夏休み前ということもあ…

春旅

4月気候の良い時に、トーハク東京博物館に行った。当日は連休谷間の月曜日ということもあり上野駅から東博入口までそう多くはない人出であった。また、なんと国立西洋美術館は休館であった。「国立」だから職員はみなし公務員、別に入館者数のことなど気にし…

立山3

第2日みくりが池温泉を7時過ぎに出発。朝室堂バスターミナルまでの道は凍結であった。宿のフロントに簡易アイゼンを求める人もあった。しかしスニーカーで大丈夫だろうと出かけた。途中少し滑りはしたが無事室堂ターミナルに7時30分到着。昨日立山駅では…

立山2

立山室堂「みくりが池温泉」はもっとも高所にある天然温泉がうたい文句。交通手段が手軽に利用できることから利用客は多数の「観光客」と雄山まで行く本格的登山客が少し10月18日は本年の初冠雪となり、私達を含め遅まきながらの紅葉狩観光客は、その雪…

立山1

各駅停車の旅秋篇です。今回は10月14日の「列車の日」に合わせて発売された「JR秋の乗り放題キップ」の旅。目的地は富山県立山の紅葉鑑賞です。通常は検索サイトで「最寄り駅」-「富山」と列車検索をかけるのですが、その検索では最寄り駅8時21分発…

東北の旅 メモリアル

東北メモリアル* * * 石巻線1639D http://www.youtube.com/watch?v=3yZTHufvQwA* 奥羽本線と平行して走る秋田こまち* 五能線岩館十二湖間*

東北2回目の旅 その4

東北2回目の旅 その4回目 そして秋田から新庄に20時44分に着いた。駅で様子を伺うと山形まで正に「かろうじて」動いているらしい。山形まで行くことにしたが先日の信号機故障の影響で時間が定まらない。とりあえず東京に近づこうと山形行きの列車に乗…

東北2回目の旅 その3

東北2回目の旅 その3となる。五能線「艫作」(へなし)から弘前へ向かう。岩木山を中心に円弧を描きながら列車は進む。中でにぎやかな4人組のおじさん達が同行であった。共に名古屋の会社で働いていたがリタイヤし毎年のように同窓会を開くとのこと。車中で…

JR秋の乗り放題パス

日本最初の鉄道が開通した10月14日に合わせて9月20日から記念切符「JR秋の乗り放題キップ」が発売される。JR全線3日間乗り放題7500円となっている。(10月20日まで有効 ここまでJRのPRもどき)http://www.jreast.co.jp/tickets/info.asp…

少年は鉄道に乗る

幼子は未知の世界へと踏み込む幼子は徐々に自分の周囲を意識する。父母の下から外に出る時まず見えてくるのは家の内外、周囲の景色、付近の地図、やがて学校までの環境、という辺りが見えてきた時そのエリアにある鉄道に気づく。道路は余りにも多すぎてかえ…

東北2回目の旅 その1

7月20日から早い目の夏休み。昨年に続き東北へ出かけた。今回も青春18キップで各駅停車の旅。今回の行程は、最寄り駅-(東海道線)-厨子-(新宿湘南ライン)-新宿-(東北本線)-福島-(奥羽本線)-山形・新庄-(奥羽本線)-(五能線)-ウェスパ椿山-(…

新春倉敷

新春倉敷に行って来た。この時期はJR「青春18キップ」が発売される。結構大勢の人が改札で「青春18キップ」を見せている。通常は自動改札を利用する人が多いのであるが、「青春18キップ」が発売される時期は有人の改札がかなり混み合う。1枚のキッ…