読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙つぶて 細く永く

2014年6月以前の記事は元のBlog(OCN)からinportしたものそのままです。鋭意改善中です。<(_ _)>

鳥の声は楽曲以上

鳥の鳴き声を音階で表わし種別を判定できないのだろうか・・という疑問を抱いたのだが。どうやら現在は難しいようだ。 Web質問コーナーの回答にこんなのがあった 「音符を細かく書いていただいても野鳥の声はそれ以上に複雑で、同じ種類で同一個体でも違…

歴史上ひどく扱われた政治家

BBCによるとドナルド・トランプ米大統領が、自分の選挙運動チームをめぐるロシア疑惑に特別検察官が任命されるなか、「歴史上、自分ほどひどく、あるいは不当に扱われた政治家はいない」と発言した。しかしこれについては、BBC歴史番組の司会者ダン・…

5月21日

浄土真宗の祖、親鸞の誕生日ということで、国宝「(西)本願寺・唐門」の通り抜けが34年ぶりに行われたので出かけた。 本願寺の一年|浄土真宗本願寺派 本願寺(西本願寺) *少し暑いぐらいではあったが、好天の一日。 京都の唐門(唐破風を頂く門)は複…

主語

主語文の生分の一。 述語に対して主格となる語 「花咲く」「成績が良い」の「花」、「成績が」などで、主に体言からなる。日本語では明示されないこともあり、述語の修飾語とする説もある。 判断(命題)においてわれわれがそれについて何かを主張する当のも…

有料図書館

調べ物をしていたら不足する資料が出てきたので、Web、古書、出版社、国会図書館と探した。国会図書館でヒットし、近くを探すと「立命館大学図書館」にあることが分かった。2万円と高価な本。そこでその図書館での利用について調べると、ん!有料との規…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 12 

線路は続く2 (文中敬称略) 昭和40年代(1965年ー1975年)にかけて続いた国鉄労働運動の泥沼の攻防もあって、この期間国鉄の赤字は加速度的に膨れ上がった。そして1976年2月に藤井国鉄総裁が更迭され、前大蔵事務次官高木文雄が国鉄総裁につ…

You raise me up.

*アイルランド/ノルウェーのミュージシャン、シークレット・ガーデンの楽曲。* * * 多くのミュージシャンによってカバーされた。 * * これはアフレコかな // REMEMBER3.11 不断の努力「民主主義を守れ」

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 11 

線路は続く1 新幹線を建設しますので、競合するJR並行路線は廃止するか、もしくは地元で存続方法を考えてください。その結果第三セクターとなり、やがて新幹線に旅客を奪われたその線路は赤字路線となる。この図式でいいのだろうか 日本全国どこへ行くに…

小さな危機の接近をも拒否することが必要なのか

戦艦に乗っていて、正体不明のボートが接近してきた、戦艦は警告を発するがボートは停まらない。まさしく「危機」だろう。しかしこれは危機管理をすべき危機だろうか。このような「危機」をも回避するようにシステムは整備されなければならないのだろうか。…

遊園地

恐竜をキーワードに検索し、「みさき公園」が引っかかったので、孫を連れ出かけた。 この遊園地は南海電車が、阪急電車の宝塚ファミリーランドを模して作られた。宝塚ファミリーランドはルナパークとして1924年開業。みさき公園は1957年開業。 阪神…

また富山、そして只見線 その5終

会津は福島である。東日本大震災そして福島第一原発事故の福島である。私はそれが分っていて、福島を訪れたのではなかった。只見線を乗り継ぎ線路の終着として福島を訪れた。*会津(岩代)はある意味怒っている、ことを発見した。 会津電力の設立趣旨書2011…

京とれいん

梅田から阪急「京とれいん」そして嵐山線に乗った。うたい文句は「和モダンで嵐山へ」 町家風のシート電車や和風のしつらえになっている。 詳しくはこちら 京とれいん|和モダン列車 嵐山なび|阪急電鉄*嵐山線は4駅だけの盲腸線、京都河原町からよりも大…

ドクターヘリ

3年前に兄が「ドクターヘリ」で運ばれた。庭で作業中に誤って柵の上から落下、額を強打しそのショックで脊椎を圧迫損傷、下半身が麻痺した。落下から約1時間後に奥さんに見つけられ、近くの病院へ搬送されたが、処置ができずに、京都市内の病院へヘリコプ…

官吏の習性

今回の「森友学園」でも感じたが、公務員が扱う金銭感覚は一種不可思議なものだなあとつくづく感じる。 何事も一種の契約に基づいてことは始まり、「発注」行為が、あり「納品」行為を受け、「検品」を行い、「請求」を受ける。それがたとえ同じ相手から同じ…

また富山、そして只見線 その4

只見線はガタゴトとのんびりした音を立て、山岳地域から会津盆地に入った。只見線は会津で終わる。 盆地ではやや速度を速め目的地会津若松を目指した。その会津若松はお殿様の雰囲気がいまだに漂う歴史を抱いた町だった。 当初会津若松ではただ泊まるだけを…

麩嘉

* 麩嘉(ふうか)|京都府庁生活協同組合 // REMEMBER3.11 不断の努力「民主主義を守れ」

また富山、そして只見線 その3

北信越や北海道はもちろん雪が多いところと思うのだが、調べれば、只見線沿線は日本有数の豪雪地帯でもあった。 今年4月13日午前4時の(なんとリアルタイムな数値を気象庁はupしているのだなあ)累積降雪量は桧枝岐が第二位1338cm、只見町が第三…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 10 交通権とは

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 国土交通省に「わが国における交通基本法と『交通権』の位置づけについて」という文章がある。これは「交通権」というものについて国としての意気込みを語るもの…

思いついた言葉

(今頃になって合点がいった)クリントンは女性としての、資質で負けたのではなく、リーダーとしての資質に劣ると判断された。 *広辞苑によると忖度(そんたく) 他人の心中をおしはかること。推察 思惑(おもわく) 相場の暴落を見越し、その差金を得る目…

すっかりクラス会世代となったなあ

クラス会の仲間へ毎年懐かしい顔ぶれが集まり懐旧談義に花が咲く、それも一種のたのしみではあると思います。 懐かしいクラス会にこそ意義があるのでしょうが、 小生「クラス会商法」(なんてものが一般的にあるのかないのか不明ですが)にいささか疑問が湧…

また富山、そして只見線 その2

二日目は富山から、あいの風とやま鉄道そしてえちごトキめき鉄道で直江津、そして只見線乗車。直江津まではいわゆる第三セクター路線。 この区間は青春18きっぷが使えない。 読みにくい官僚文章だが、概略抜粋すると以下のように書いてある。 青春18きっ…

また富山、そして只見線 その1

今回の青春18キップは念願の高山本線走破と、また富山そして只見線乗車で福島へ行った。2月の富山では一面の銀世界(下記画像参照)を堪能したのだが、 しかし今回はいくぶん春めいた富山だった。 「富山から拡がる交通革命」を読みながらの列車旅。富山…

何回目かの京都一周トレイル

足慣らしで京都一周トレイルの続き。今回は鷹峯から二ノ瀬までの小コース。前回(といっても2年ほど前 保津峡から高雄そして光悦寺 モミジは紅くなかった - 紙つぶて 細く永く)の続きのコースとなる。出発は京都市バスの鷹峯源光庵前。光悦寺がある。 画像…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 9

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 当然ながらかっては旧国鉄路線全線を日本国有鉄道1組織で運行していた。 国鉄改革は表面的には公社:国鉄としての巨額すぎる赤字の払拭を国鉄を分割することに…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 8

前回「日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 7」 以下 日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 7 - 紙つぶて 細く永く で取り上げた「おいこっと指定席」は旅行代理店で購入することができた。JR西日本のみどりの窓口でのマルス端末では発券できなかった…

なぜか富山 下

海王丸公園での寒さに震えながら、海王丸駅で万葉線を待った。海王丸から一駅先が終点越ノ潟で、万葉線はここで折り返し運転となる。この付近万葉線は単線で少しでも暖をとるために、上り下りどちらか早く来るほうに乗ることにした。この辺りが乗り放題にな…

「日本の」幼稚園

われわれ一般人にとっては驚くような幼稚園だが、しかし問題はどこにあるのだろうか、今回事件?が発覚しなければ見過ごされていた、ということなのではないだろうか。 問題の大きな部分は今般事件にならなければこのような教育(教育か否かおおいに疑問だが…

凄い技か?

先日富山で土産を買い、電子マネーで決済をした。 予てから一回の買い物で複数枚数の電子マネー決済ができるかできないか疑問だった。多くの店舗のヘルプデスクでは複数枚数使えませんという回答が最も多く、なぜなのか疑問だった。*しかしnanacoでは…

なぜか富山 上

昨年12月から1月いっぱいほぼ休みなしだったので、ご褒美と称してなぜなのか富山一泊二日に出かけた。 そして今回の主目的は富山湾鮨とシーズンにはなかなか宿が取れない越中八尾、それもまさに季節外れの諏訪町散策。 富山湾鮨は下記の車両中吊広告に魅せ…

カイゼン

進歩には改善が必須であり、進歩は日々の改善の集積である。としみじみ思う。 // REMEMBER3.11 不断の努力「民主主義を守れ」

移民または亡命者たち

加藤周一に「亡命者たち」という一文がある。 亡命者たち(抄):加藤周一日本から外国への移民はあったが政治的理由による亡命者は、十五年戦争当時の狂信的な軍国日本からさえも、きわめてまれであった。 その理由の一つは、日本政府が批判者を弾圧し投獄…

2017年青春18きっぷ春・夏・冬要項発表

待望の青春18きっぷ2017年要項が発表された。今年こそ北海道一周を・・といまさらながら思う。少し発表が遅れまさか今年はなし・・なんて不安もあったがこれで一安心* 玄関から駅への最初の一歩を踏み出そう 詳しくは下記から www.jrhokkaido.co.jp /…

一日青春18きっぷ -恐竜博物館-

2枚残った青春18きっぷをどうするか考えているときに、孫が恐竜博物館へ行きたいと・・そこで残っている青春18きっぷを使って、孫二人を連れ福井恐竜博物館へ出かけた。京都駅8時15分初の新快速敦賀行き320M。 湖西線経由で敦賀へは直通。途中近…

節分 2月3日

吉田神社節分にいった。今回は古い年賀状やお札を持参、返納供養してもらった。 百万遍から京大の中を横切る。思ったより多数が歩いていた。カンフォーラにも大勢 重要文化財「斎場所大元宮」 吉田神社創建は西暦859年(空海入定後24年か) 「徒然草」…

FakeNews

アメリカ原住民「スー族」の代表タタンカ・イヨタケ(シッティング・ブル)は、神聖なる原住民の土地にはふさわしくないとして、自国領土内に間借りしているアメリカ合州国の首長でドイツからの移民の子ドナルドトランプとその仲間に、国外退去を命じた。そ…

一駅だけ運行の列車そして最長距離普通列車

以前日本一長時間走る各駅停車にのりたいと調べたが、昨年日本一長い距離を走る各駅停車が少し足を伸ばした。走行距離384.7km 走行時間は7時間33分 注)最長時間(8時間27分)運行の普通列車根室本線の2427Dは現在2016年から台風によ…

雪かきそしてメディア・報道の役割

各地とも史上最大級の大雪で話題もちきりであるが、近隣では慣れない手つきで一家総出の雪かきにおわれている。その近隣に自宅の前だけをきれいに雪かきを済ませ、家の前だけ雪のない一軒の家があった。すぐとなりには先日来の雪が残っている。その前を通り…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 番外6 V字旅行終

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 旅の4日目外房東金での朝日撮影は悪天候で叶わなかった。 * 本日の宿、目的地は焼津。ここ東金からの距離を考え東京を避けた。また名古屋から未乗車の関西線経…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか  番外5 V字旅行2

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 旅の続き今回泊まった宿は野沢温泉にある「もみの木」 民宿とペンションを足して3で割ったような宿。つまり民宿に近いという風情であった。 女将によるとこの日…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 番外4 V字旅行1

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 おいこっと3号に乗車した。「おいこっと」とは東京のアルファベットTokyoを逆「OYKOT」に読んだ。つまり東京=都会にはない環境を味わっていただこう…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 7

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 今回はJR各社の連携について考えてみる。もちろんJR路線は日本各地へレール間隔1067mmでくまなく続いている。JRの境界で分断されているのではない。…

タワーマンション司法

映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」 クリムトの「黄金のアデーレ」の経緯を描いた。実話に基づく。主演は名優ヘレン・ミレン、相手役にライアン・レイノルズ 誰でも一度は目にしたことはあるだろう名画「黄金のアデーレ」は、当時ウィーンの銀行家で実業家の…

腰掛

ちょっと腰掛させてもらって、遠くへ行きます。あとはよろしく・・といって、松坂、井川、藤川、川崎、新庄、中村紀洋、五十嵐、城島、松井、福留にならないように・・(こうして上げると阪神の選手が多いな) // REMEMBER3.11 不断の努力「民主主義を守れ」

アメリカだけの悲劇?

「選挙とは、権力をつかむ人を決めるものであって、真実を語る人を決めるものではない」 「トランプ氏の選挙運動は、かつてないほど欺瞞(ぎまん)に満ちていた。 このうそは政治的な代償を払うことなく、確かに多数の有権者の共感をも呼んだ。だからと言っ…

空海を仕上げるぞとの意気込み

久し振りに神護寺へいった。例によって京都一周トレイルの保津峡から清滝、高雄のコースだ。先週歩く予定をしていたが、あいにくの雨で、伊根に変更した。 伊根 - 紙つぶて 細く永く いつもの北山?杉並木 今回は少し錦繍を入れてみた。 *残念ながら遅れた…

先人の知恵にも松竹梅

「学者というものは、普通の人より頭もよくしっかりとものを考えているのだから、間違うはずはない、と思いがちだが、学者の態度は、対象から身を引き離して、それを観察し形式論を立てるに過ぎない」 という論がある。ここで「学者が間違うはずはない」=完…

後は自然に頼るしかない

のかもしれないなあ // REMEMBER3.11 不断の努力「民主主義を守れ」

伊根

なぜか伊根は郷愁を抱かせる。 油屋は昼の営業のみ*何年振りかの「こんぴらうどん」 これは黒酢あんかけ えび天婦羅は特大海老を目の前で揚げてくれる。出汁は塩を使わず。大量の昆布からでる塩分のみの味付け。以下FaceBookより FaceBookより昆布…

2016年11月19日 まだ紅葉には早かったのか

ことしの紅葉は遅いようだ。いつもの岩倉ドクターのあと法然院、真如堂辺りを巡った。 叡山も肌を染めていた。 疎水の鯉も紅葉狩り 法然院 早朝からの雨は上がっていたが、庭にはきれいに水が撒かれた。 蹲の水面に紅葉が映っていた 再生の木も少し成長 春は…

日本の鉄道はこのままでいいのだろうか 6

2017年4月旧シリーズ名「鉄道運賃はこのままでいいのだろうか」をタイトル変更しました。 少し日本の鉄道路線とその利用について考えよう。主に世界の鉄道で採用されている鉄道利用集計は何人の乗客がどれだけの距離を乗ったかを積算する。つまり乗客数…